音楽

音楽

【Max/Msp】鳴ってる音を.wavで書き出す方法【パッチ改造】

sfrecord~ 2で音を録音できます。「open」メッセージで.wavファイル作成。トグルボタンで録音開始できます。この記事では、Max/Mspが配布しているパッチを改造し.wavを書き出せるようにする方法を解説。
音楽

【逆変換】画像から音を作り、ステレオグラムに表示させる方法【ARSS,使い方】

The ARSSというツールを使用し、画像から音を作る方法、作った音をAudacityで表示方法などを解説。綺麗に作るコツはなるべく真ん中の帯域を使う事です。つまり画像の上下を避ける事。またARSSのライセンス問題やInsight 2やMMultiAnalyzerでの見え方の違いも紹介。
音楽

【音楽】MMultiAnalyzerの使い方【音の視覚化】

複数のトラックのスペクトラムなどを同時表示できるツールです。音圧の値(LU)やステレオの表示なども同時に見れます。使い方は各トラックに刺すだけ。また設定次第で色分け可能。楽器を追加する際の音程の目安や音の広がり具合を調整する際に便利なアナライザーです。
音楽

【音楽】Insight 2の使い方【音の視覚化、iZotope】

Insight 2は音の情報を可視化するツールです。音圧の値(LUFS)、音量、ステレオの広がり、聞き取りやすさや明瞭度、3Dのスペクトグラムなどを表示できます。こちらの使い方や設定方法の見方などを解説。ミキシングやマスタリングなどの仕上げに役立ちます。
音楽

【音楽】Ozone 10 Elementsの使い方【マスタリング】

音楽の仕上げの音量調節などを行うツールです。ElementsではEQ、左右の広がり、マキシマイザーの3つが調整可能。EQの設定は用意されたでジャンルで設定、mp3などの音源読み込み、Audiolensで鳴ってる音の学習の3つの方法で設定可能。
音楽

【音楽】Neutron 4 Elementsの使い方【ミキシング】

音質調整や聞こえ方の調節を行うツール。Elementsでは用意された周波数に合わせた音の成型、音の強、歪み、左右の広がり、の4つが調整可能。周波数は楽器に合わせて複数の設定あり。またmp3などの音源読み込みやAudiolensでも設定可能。
音楽

【音楽】HYPHAの使い方【音源、DAW、DTM】

HYPHAは音源データです。これを使うにはKONTAKT 7というソフトが必要。このソフトを入れるのにNative Accesssが必要です。この3つのソフトの入手方法から使い方を解説。
音楽

【音楽】Spireの使い方【シンセサイザー、DAW、作曲】

基本操作を含め、ピッチの操作、波形の操作、モジュレーター、LFOなどの割り当て、フィルターなどのエフェクト操作、プリセットの読み込みやMIDI割り当てなどを解説。OSCを重ねた厚み作り方などが学べます。公式マニュアルなどを読む上での参考にご覧ください。
音楽

【音楽】倍音とは何か【整数次倍音、非整数次倍音、波の合成】

倍音とは特定の高さの音を鳴らした時に発生する別の高さ(周波数)の音です。Sin波以外の全ての音で発生します。倍音の種類は2つ。波形に影響を与える整数次倍音、ノイズや打撃音などのを非整数次倍音。これを学ぶとコードの理解やEQの考え方が学べます。
音楽

【音楽制作】コード進行の鳴らし方について【DAW/DTM】

全部の音を鳴らす場合、全音符、半音符、四分音符などの分割を変えます。また構成音を別々にならすアルペジオというテクニックがあります。こちらを使うとより自由にコードを構成でき、楽曲らしさが一気にあがります。また演奏的なテクニックで開始や終了を少し短くする方法なども解説。
タイトルとURLをコピーしました