3DCG

【Blender3.4】長い形状のUVを等幅で短冊状に分割する方法

1つの長い形状としてUV展開 → 短冊状に変換 → 展開後にシームを追加して分割を増やす → 面選択でUVを移動すると揃ったUVの大きさで分割することができます。こちらの具体的な方法を解説。

【AIイラスト】1万枚生成して分かった「できる事」と「できない事」【絵師失業?】

できる事は「40~80点のイラストの量産」と「アイコンイラスト制作」と「キャラ作画用のフォトバッシュの素材」と「自然系の背景」の制作。できない事は「キャラ似せ」と「細部」の描画。また0からテーマやメッセージ性のある評価される絵は作れません。

【人工知能】AIが生成したイラストを修正し仕上げる方法

手は写真を差し込み。小さなサイズの状態で加筆修正やモチーフを追加。そして画像を拡大して最後に再調整という方法を解説。AI絵の具体的に何処を治したらいいのかなどの参考にご覧ください。

【Krita】ブラシで画像の部分にモザイクを入れる方法

Kritaのモザイクブラシの使い方を解説。ブラシで意図した所に素早くモザイクを入れることができます。ブラシエディタで縦幅と横幅を調整できます。注意点は縦幅と横幅よりブラシサイズを大きくしない事。様々な用途にご活用ください。
音楽

【Ableton】初作曲でやったミスについて【初心者あるある】

コードの鳴らし方が同時押ししかなく、転調、コード構成、7音階以外の音で変化を作ろうとしてしまう事やグルーブをランダム化と思って使ってしまうことなどを解説。実際に初心者の私がやってしまった失敗です。作曲を始めたての方はぜひご覧ください。
VR

【実践】ワールドをVCC対応させる方法【VRChat】

基本的な対応の流れは、Consoleでエラーが出たアセットを確認。VCC対応したアセットが出ていれば更新、出て無ければ削除か別の物に置き換え。こちらの具体的な手順について解説。

Stable Diffusion Modelを混ぜる方法

merge-modelsを使うと2つのモデルを混ぜて使うことができます。配合率も0~100%と調整可能。動作にはPythonを使ったローカルの動作環境(WebUI)が必要。こちらの導入~使い方を解説。

【ローカル実装】Stable Diffusion WebUIの導入~使い方

WebUIのメリットは機能がたくさんある事。最新機能が試せます。こちらの導入~使い方を解説。グラボの性能不足orRTX 16シリーズ(1660や1660Ti)が原因で起こる黒画面の出力の対処法も解説してます。

How to improve Black Square Output [Stable Diffusion WebUI]

When the Outpu of WebUI is Black Square, you can fix it by editing webui-user.bat with a text editor. There are two causes: Insufficient performance of the graphics board. Use a RTX16 series graphics card to deal with these two causes.

【画風学習】Concept機能の使い方~作成方法【Stable Diffusion】

この機能は3~5枚の絵を用意して、その絵の「物」もしくは「画風」を学習させる機能です。NMKDのGUIを使ったConceptの利用方法からColaboratoryを使って自作する方法を解説。100%違うと言えない、親子の遺伝的な似方をします。
タイトルとURLをコピーしました