【PCクリスタ】SAIやKritaのようにブラシサイズを変える方法【Clip Studio Paint】

修飾キー設定から2つ以上の修飾キーを設定 → ブラシサイズを変更でSAIやKritaのようなマウスを動かす直感的なブラシサイズ変更ができます。単一の修飾キーは何かが干渉するので動かなです。ブログでは画像付きでこの操作を解説。

【漫画】縦書きテキストが使えるおすすめツール3選

無料で縦書き文字が使えるのが「MediBang Paint」性能的なコスパが良いのが「Clip Studio Paint」自動字幅調整機能が強いのが「Adobe Illustrator」Adobe製品はネットの通信講座を使うと安く買えるなどを解説。

【AIイラスト】手の問題を解決するおすすめ素材紹介

一番簡単なのはクリップスタジオ+500円の3D素材の手を使う。難しいけど自由度が高い物はVRChatのモデルを使用して3Dでポーズを取らせる。あとは1から書く上でのおすすめ線画の素材集や参考書籍などを紹介。Novel AIやstable diffusionなどの生成物の修正にご活用ください。

【AIイラスト】メタデータのプロンプトをまとめて削除する方法【Affinity Photo】

Stable Diffusionで制作したAIイラストはメタデータにプロンプトが記録されます。こちらは任意のペイントソフトで開く → 保存で削除できます。これをAffinity Photoの新規一括ジョブ機能でまとめて処理する方法を解説。

【Stable Diffusion】生成した画像からプロンプトを確認する方法【AIイラスト】

Stable Diffusionで生成に使用した指示テキストはメタデータで確認できます。こちらはCMANというWEBサイトを使うのがおすすめ。またメタデータの削除は任意のペイントソフトで開く → 保存で行えます。

【AIイラスト】1万枚生成して分かった「できる事」と「できない事」【絵師失業?】

できる事は「40~80点のイラストの量産」と「アイコンイラスト制作」と「キャラ作画用のフォトバッシュの素材」と「自然系の背景」の制作。できない事は「キャラ似せ」と「細部」の描画。また0からテーマやメッセージ性のある評価される絵は作れません。

【人工知能】AIが生成したイラストを修正し仕上げる方法

手は写真を差し込み。小さなサイズの状態で加筆修正やモチーフを追加。そして画像を拡大して最後に再調整という方法を解説。AI絵の具体的に何処を治したらいいのかなどの参考にご覧ください。

【Krita】ブラシで画像の部分にモザイクを入れる方法

Kritaのモザイクブラシの使い方を解説。ブラシで意図した所に素早くモザイクを入れることができます。ブラシエディタで縦幅と横幅を調整できます。注意点は縦幅と横幅よりブラシサイズを大きくしない事。様々な用途にご活用ください。

Stable Diffusion Modelを混ぜる方法

merge-modelsを使うと2つのモデルを混ぜて使うことができます。配合率も0~100%と調整可能。動作にはPythonを使ったローカルの動作環境(WebUI)が必要。こちらの導入~使い方を解説。

【ローカル実装】Stable Diffusion WebUIの導入~使い方

WebUIのメリットは機能がたくさんある事。最新機能が試せます。こちらの導入~使い方を解説。グラボの性能不足orRTX 16シリーズ(1660や1660Ti)が原因で起こる黒画面の出力の対処法も解説してます。
タイトルとURLをコピーしました