【PCクリスタ】SAIやKritaのようにブラシサイズを変える方法【Clip Studio Paint】

修飾キー設定から2つ以上の修飾キーを設定 → ブラシサイズを変更でSAIやKritaのようなマウスを動かす直感的なブラシサイズ変更ができます。単一の修飾キーは何かが干渉するので動かなです。ブログでは画像付きでこの操作を解説。
VR

【VRChat】ワールドに掴んで動かせるモノを配置する方法

ワールドに掴んで動かせるものを配置するには4つのComponentが必要です。Box Collider、Rigidbody、VRC Pickup (Script)、VRC Object Sync (Script)こちらの設定方法について解説
VR

【VRChat】モデルのマテリアルエラー修正方法【ピンク色対処法】

Unityに読み込んだ際、モデルのマテリアルが壊れてるとピンク色の表示になります。こちらは別のマテリアルを割り当て治すことで修正できます。こちらの設定方法について解説。
音楽

【音楽制作】コード進行の鳴らし方について【DAW/DTM】

全部の音を鳴らす場合、全音符、半音符、四分音符などの分割を変えます。また構成音を別々にならすアルペジオというテクニックがあります。こちらを使うとより自由にコードを構成でき、楽曲らしさが一気にあがります。また演奏的なテクニックで開始や終了を少し短くする方法なども解説。

【漫画】縦書きテキストが使えるおすすめツール3選

無料で縦書き文字が使えるのが「MediBang Paint」性能的なコスパが良いのが「Clip Studio Paint」自動字幅調整機能が強いのが「Adobe Illustrator」Adobe製品はネットの通信講座を使うと安く買えるなどを解説。

【AIイラスト】手の問題を解決するおすすめ素材紹介

一番簡単なのはクリップスタジオ+500円の3D素材の手を使う。難しいけど自由度が高い物はVRChatのモデルを使用して3Dでポーズを取らせる。あとは1から書く上でのおすすめ線画の素材集や参考書籍などを紹介。Novel AIやstable diffusionなどの生成物の修正にご活用ください。
3DCG

【Blender3.4】VRChatモデルを読み込み表示させる方法

Boothで購入したモデルをBlenderに読み込む方法を解説。例として幽狐さんを使用。モデルを用意するところから始め、細かなマテリアルやボーンの向きエラーの修正方法をまとめました。正しく表示されないや、読み込み設定などでお悩みの方はご覧ください。
3DCG

【3DCG】BoothでVRChat向けのモデルを販売する方法

ダウンロード商品で3Dモデルを登録する手順を解説。Twitterトリミング対策済みのテンプレートも配布。その他Sketch FabやYoutubeの埋め込み方法など解説しました。モデル販売を行いたい方はぜひご覧ください。

【AIイラスト】メタデータのプロンプトをまとめて削除する方法【Affinity Photo】

Stable Diffusionで制作したAIイラストはメタデータにプロンプトが記録されます。こちらは任意のペイントソフトで開く → 保存で削除できます。これをAffinity Photoの新規一括ジョブ機能でまとめて処理する方法を解説。

【Stable Diffusion】生成した画像からプロンプトを確認する方法【AIイラスト】

Stable Diffusionで生成に使用した指示テキストはメタデータで確認できます。こちらはCMANというWEBサイトを使うのがおすすめ。またメタデータの削除は任意のペイントソフトで開く → 保存で行えます。
タイトルとURLをコピーしました