3DCG

3DCG

【Blender4.0】標準機能だけでUVを短冊状に開く方法

UVを短冊状にするには、まず1つ長方形のUVを作る必要があります。長方形は辺を選択 → Sキー → XかYキー → 0キーで作成。作った長方形を選択しその後、Lキーで全体を選択。Uキー → アクティブ四角形面に追従を使うと矩形状になります。
3DCG

【Blender4.0】スカルプトにある面セット機能の使い方【色分け,削除方法】

面セットは、スカルプトで使える面に色を付けて分ける機能です。面セットをドローを使うと面セットを描画や編集できます。意図しなくてもオプジェクト統合で生成される事があります。活用方法は「非表示化」「マスク」「色分け」の3つ。だた使う機会は少ない。
3DCG

【Blender4.0】UV配置の方法【3Dキャラモデル制作27】 

UVを配置する際は「テクスチャ密度」と「余白」を意識します。テクスチャ密度を確認するためにカラーグリッドのテクスチャを使います。コツは大きいモノから配置する事。テクスチャを描く前ならUV配置の修正が可能。こちらのコツや具体的な配置方法を解説。
3DCG

【Blender4.0】UV展開の方法【3Dキャラモデル制作26】 

UV展開は立体物を展開して平面に落とし込む処理で、平面にすることで画像を使って色などのデータを入力できるようになります。UVを開くためにはシームという切り込みを入れます。また短冊状に開くなどの独自のテクニックがあります。こちらを解説。
3DCG

【3DCG】テクスチャは分けるorまとめるどちらが良いかについて

どちらがいいかは用途によります。PCゲームの場合は基本1枚にまとめて負荷が下げます。VRChat向けモデルの場合は分けます。テクスチャは分けると負荷が上がりますが、改変に強くなります。また分けることで、テクスチャサイズの上限突破も可能。
3DCG

【Blender4.0】顔の中にあるパーツの作り方【3Dキャラモデル制作25】 

顔の中にあるパーツの作り方は表情を作るために使われます。主に口の中、上下の歯、舌、><目などの大きな変化、ほほの赤みが顔の中に入ってます。歯は円の変形、目のパーツは平面にナイフツールで描画を入れてると作れます。後はウエイトを塗るだけ。こちらを解説。
3DCG

【メイキング】SoundGeek Soupジャケット+PV絵の製作話

UE5とBlender3.6を使用した、抽象的な3DCG作品の作り方として、SoundGeek Soupのジャケット+PV製作のメイキングの記録を乗せました。パーティクル系ツールを主に使用。音楽系の3DCG作品を作ってみたい方はぜひ参考にご覧ください。
3DCG

【UE5】Niagaraで渦潮を作る方法【Unreal Engine】

プラグインのNiagara Fuidsを有効化し Grid 3D FLIP Poolを使用して水を作成。 パーティクルの更新に「Vortex Force」を追加して渦潮化できます。色は背面や環境光を変えて作る。といった操作方法などを解説。
3DCG

【UE5】マテリアルに透過テクスチャを設定する方法【Unreal Engine】

透過させるには、透過情報に対応したシェーディングモデルを使うことが必要。透過情報はテクスチャのAからオパシティ関係のノードに繋いで送ります。透過が使えるシェーディングモデルはTranslucentとMaskedなど。これらの設定について解説。
3DCG

【UE5】Niagaraで点と点をつなぐ線を描く方法【Unreal Engine】

UE5のNiagaraで、AEのPlexusのような点と点を線でつなぐパーティクルの作り方を解説。作り方は点と線の2つのエミッターを用意 → スクラッチパッドを使って点のパーティクル座標を取得 → 線は取得したパーティクル座標をつなげて作成。
タイトルとURLをコピーしました