対処法

3DCG

【Blender4.2】描画範囲の変え方とその影響について【Zファイティング,面,チカチカ】

3DCGには描画する範囲を決める設定があります。近すぎてモノが消える場合は、この描画範囲の最小値を下げると解決します。ただし描画範囲は広すぎると、面がチカチカする表示エラー(Zファイティング)が起こるので注意。ほどほどの幅に設定してください。
3DCG

【Blende4.2】ペアレントの解除でオプジェクトが動くときの対処法

モデルを複数選択 → Ctrl+Pキーでペアレント化でき、親オプジェクトを動かすと子オプジェクトも動きます。そして親を動かして子を選択後、Alt+Pキーでペアレント解除するとオプジェクトが動きます。対処法は「トランスフォームを維持してクリア」です。
3DCG

【Blender4.1】半透明が正しく表示されない理由と対処法【描画順,設定】

ブレンドモードをアルファブレンドに設定 → 背面を非表示に設定すると高確率で綺麗に出ます。その上で、半透明に半透明の面を重ねると表示エラーが起きます。このエラーは描画順を調整し半透明は「後ろ → 前」の順にすると直せます。この設定方法を解説。
3DCG

【3DCG】半透明表現がバグりやすい理由と対処法【Zバッファ,描画順】

ゲームなどのリアルタイム3DCGは、Zバッファという方法で前後関係を描いてます。これは基本は手前のモノから描画し、奥の隠れた部分を省いて描画します。が、半透明でコレを使うと奥のモノが消えてる様子が映ってしまいます。こちらをわかりやすく解説。
生き方

【商品レビュー】セントジョーンズワートを飲んでみた【市販,疑似抗うつ薬,注意点】

市販で買える抗うつ薬に近い効果があるサプリです。飲んでみて確かに効果はあると感じました。飲むならサプリがおすすめ。ハーブティーは味の癖が強いです。デメリットは辞めるタイミングがなかなか来ない事。半年から1年以上の付き合いになると思います。
個人事業

【PC故障】American Megatrendsが出る原因と対処法【記憶デバイス,HDD,SSD】

このエラーが出る原因は記憶デバイス関連の故障 or 壊れかけの状態である事です。まずF1キー入力やPC放電を試して動かないなら、何かの記憶デバイスが壊れてる可能性が高いので、壊れたと思わしき記憶デバイスの線を外して再起動で動かないか見ます。
3DCG

【UE5】画像出力の際に出る原点の球への対処法【Unreal Engine】

対処法1は全体を原点からズラす方法。詳細→トランスフォームで全てのオブジェクトの位置に+500などを入れれば対処できます。対処法2はモノで隠す方法。デフォルトキューブの1倍の大きさ以上のオブジェクトがあれば隠すことができます。
3DCG

【UE5】スクラッチパッドのノード左にあるUIがない時の対処法【Unreal Engine】

ノード左側のUIで「スクラッチスクリプトセレクタ」や「スクラッチスクリプトパラメーター」などを操作できる場所はアップデートで消えました。代わりに画面左下の「ローカルモジュール」や「パラメーター」が登場し、こちらに置き換わりました。この使い方を解説。
3DCG

【3DCG】面がチカチカする原因と対処法【Zファイティング】

同じ位置の面があり、頂点がズレているとチカチカが発生します。そのチカチカをZファイティングと呼びます。対処法は距離を開けることです。ただ、動かす量が少ないと治らないので注意。こちらを画像付きで解説。
生き方

【市販,疑似抗うつ薬】セントジョーンズワートについて【危険性,注意点】

市販で買える事実上の抗うつ薬です。西洋を中心に歴史が長く、比較的安全。ただ、他の薬との飲み合わせ相性がとても悪いので注意。鬱っぽさ以外健康な人向け商品。日本ではサプリとして売られてます。飲むなら半年継続が目安。こちらの効果や注意点を解説。
タイトルとURLをコピーしました