方法

VRChat

【VCC+Unity2022】VRChatにアバターをアップロードする方法

VRChatアバターはモデルを入れるより先にシェーダーを入れる必要があります。シェーダーの入手はVCC経由がおすすめ。アバターは.unitypackageでUnityに入れます。そしてVRChat SDKを使ってアップロード。こちらを解説。
VRChat

【VRChat】VCC経由でUnityにlilToonを入れる方法

lilToonは公式サイトからVCCに入れることができる処理が入ってます。入れた後は「Manage Project」からUnityに追加できます。そして「プロジェクト」の中からPackagesを開くとlilToonが入った事を確認できます。
3DCG

【Unity2022】画面の色やUIを調整する方法【基本操作】

画面の色、文字、言語は「Edit → Preferences...」から変更可能で、画面の要素は右上の3つの点か「Window」より表示可能。さらに画面はドラッグ&ドロップで分割可能のような操作に関する画面を調整する方法を解説。
ゲーム制作

【Effekseer】自作エフェクトをRPGツクールMZに入れる方法

エフェクトはツクールの「effects」ファイルに「エフェクト」と「Texture」などの素材データを入れると読み込めます。表示は「EffekseerForRPGMakerMZ_Ex」というプラグインが必要なので注意。こちらの設定方法を解説。

【Krita5.2】キラキラした十字を描く方法【自作ゲーム,エフェクト,素材】

対象ブラシツールを使えば上下左右対称に描画が可能。あとは任意のブラシを選び、ペンタブなどで描画すれば作れます。さらに、フィルターの「ぼかし」機能を使うと発光してるような見た目にできます。最後はエアブラシなどで手描きで微調整。こちらを解説。
ゲーム制作

Effekseerの使い方/導入~サンプルを読み込み改造するまで

EffekseerはRPGツクールなどに使えるエフェクト制作ツールです。導入して一番最初にサンプルエフェクトを読み込んで触り、改造しながら使い方を覚えるのがおすすめ。エフェクトは右下の「ノード」や右上の「共有~描画」で編集できます。こちらを解説。
生き方

Echo Show 5でホーム画面をフォトフレームに設定する方法

Echo Show 5のフォトフレームは放置すると30分ぐらいでホームに戻って写真が消える。なので、他の全てのホームコンテンツを無効化 → 残った「時計」 の背景を写真に設定。これで、ホーム画面をフォトフレームにできる。こちらの設定方法を解説。
個人事業

【ストックフォト】AdobeStockに動画素材を上げる方法

動画の転送にFileZillaが必要。FileZillaはSFTPという方式で直接サーバーにファイルを送るツールです。ここで送信先を「ホスト、ID、パスワード」の情報で設定。 その後、FileZilla経由で動画をAdobeStockに送る。
3DCG

【Blender4.1】左右対称モデルのUVを完全に左右対称にする方法

左右対称で分離したパーツならUVを左右で重ねる → 平面を作成し細分化を使ってUVの中央を割り出す。中央が出たら左右が分離してないUVをスナップや3Dカーソルを使って完全に左右対称にする。その後、分離した形状のUV配置を完成させて対称化する。
3DCG

【Blender4.1】配列複製で作った花びらにウエイトを塗る方法

配列複製の適用前に花びら1枚用のボーンを作成してウエイトを塗り → 配列を適用。そして、花びらオプジェクト分離。ボーンを花びらの数だけ複製し名前を調整。分離したオプジェクトの頂点グループの名前をボーンに合わせて変更。これでウエイトを塗れます。
タイトルとURLをコピーしました