VRChat

VRChat

【PAD】VRChatイベントカレンダーの入力を自動化する方法

Googleアカウントにログインしてると入力が保存されてエラーが出ます。なので、Googleアカウントでログインしてない普段使わないブラウザで起動。フォームは基本、Tabキーで移動 → キー送信で入力可能。日時や時間の入力だけ少し癖があるので注意。
3DCG

【3DCG】MMD+VRChat+VRMに必要な表情モーフ一覧

MMD表情はあにまさ氏の「初音ミク ver.2.3」にある表情が基本形で、この表情は作った方が良い。そこから発展したTDA氏の「初音ミク」などのMMD表情がある。VRChatはリップシンクに15個の口の形+両目閉じのまばたきの形が必要。
3DCG

【Blender4.0】表情シェイプキーの作り方【3Dキャラモデル制作33】 

表情はシェイプキーで作ります。これは頂点の位置情報の変化量を記録する機能です。頂点法線の向きは記録できないので陰影が崩れるのは仕方ないです。 顔のパーツの名前は「Body」にするが必須。シェイプキーは複製+左右反転できるので、片側から作る。
VRChat

【VRChat】プロジェクトをUnity2022.3.6f1にアップデートする方法

まずバックアップを取り、VCCのアップデート。するとVCC経由でUnity2022.3.6f1を入手可能。もしUnityを入手できなかった場合は公式サイトからDL。 Unityが入った後でVCCを開くとプロジェクトのアップデートができる。こちらを解説。
3DCG

【Blender4.0】VRChatキャラのマテリアルの設定方法【3Dキャラモデル制作32】

Boothなどで配布されてるシェーダーを使うのが一番早くて高クォリティ。ただし、配布シェーダーは利用規約の問題があるので販売を考えてる方は注意。 なので、この記事では色やMatCapのハイライト設定を1からシェーダーで作る方法を解説。
VRChat

【VRChat】lilToonでツヤや金属光沢を作る方法【3Dキャラモデル制作31】 

普通のツヤ、光沢は「反射」や「リムライト」で設定すると作れます。金属光沢はMatCapを使うと作れます。コツは金属光沢のMatCapを薄く入れる事。するとツヤがより自然になります。あとはラメやノーマルの強度を変えて見え方を調整。こちらを解説。
VRChat

【VRChat】VCCとUnityを0からセッティングする方法

VCC=VRChat Creator Companionの略、VCCを使うには「Unity」と「Unity Hub」が必要になります。この2つはVCCから指示に従って進めば導入できます。初回起動はUnity Hubにログインが必要なので注意
3DCG

【VRChat】lilToonで髪の毛の光沢を作る方法【3Dキャラモデル制作30】 

髪の毛の光沢はMatCapを使って作られてます。MatCapは通常球を土台に作成しますが、ただし髪の毛の場合は球状でない例外があり。必要であれば頂点法線を使って見え方を変えます。虹ハイライトは左から右にグラデーションを入れると作れます。
3DCG

【3DCG】テクスチャは分けるorまとめるどちらが良いかについて

どちらがいいかは用途によります。PCゲームの場合は基本1枚にまとめて負荷が下げます。VRChat向けモデルの場合は分けます。テクスチャは分けると負荷が上がりますが、改変に強くなります。また分けることで、テクスチャサイズの上限突破も可能。
3DCG

【Unity】VRChatで自作モデルを動かす最低限の設定方法【3Dキャラモデル制作19】 

UnityをVCC経由で立ち上げるとアバターアップに必要なSDKが入ります。最低限動かす設定は「ヒューマノイド設定を入れる」+「VRC Avatar Descriptorを入れる」+「ビューポイントを設定」の3つ。こちらと揺れ物ボーンを解説。
タイトルとURLをコピーしました