生成

ゲーム制作

【RPGツクールMZ】キャラクター生成機能の使い方【書き出し,保存】

キャラ生成はアイコン、上下左右の歩行、倒れ、サイドビュー絵の4つを同時に作れます。書き出しは透過png。生成したキャラは2キャラ目製作かRPGツクールMZの終了で消えます。対策は設定の保存。2キャラ目以降は、前のシートをインポート → 上書き。

【AIイラスト】ACertainThingで絵を生成する方法【人工知能、イラスト】

NMDK Stable Diffusion GUI v1.8の導入からACertainThingモデルを入れて絵を描くまでの設定方法を解説。クォリティを上げるワードの入れ方やネガティブプロンプトなども解説してます。

【AIイラスト】メタデータのプロンプトをまとめて削除する方法【Affinity Photo】

Stable Diffusionで制作したAIイラストはメタデータにプロンプトが記録されます。こちらは任意のペイントソフトで開く → 保存で削除できます。これをAffinity Photoの新規一括ジョブ機能でまとめて処理する方法を解説。

【Stable Diffusion】生成した画像からプロンプトを確認する方法【AIイラスト】

Stable Diffusionで生成に使用した指示テキストはメタデータで確認できます。こちらはCMANというWEBサイトを使うのがおすすめ。またメタデータの削除は任意のペイントソフトで開く → 保存で行えます。

【AIイラスト】1万枚生成して分かった「できる事」と「できない事」【絵師失業?】

できる事は「40~80点のイラストの量産」と「アイコンイラスト制作」と「キャラ作画用のフォトバッシュの素材」と「自然系の背景」の制作。できない事は「キャラ似せ」と「細部」の描画。また0からテーマやメッセージ性のある評価される絵は作れません。

【人工知能】AIが生成したイラストを修正し仕上げる方法

手は写真を差し込み。小さなサイズの状態で加筆修正やモチーフを追加。そして画像を拡大して最後に再調整という方法を解説。AI絵の具体的に何処を治したらいいのかなどの参考にご覧ください。

【ローカル実装】Stable Diffusion WebUIの導入~使い方

WebUIのメリットは機能がたくさんある事。最新機能が試せます。こちらの導入~使い方を解説。グラボの性能不足orRTX 16シリーズ(1660や1660Ti)が原因で起こる黒画面の出力の対処法も解説してます。

【画風学習】Concept機能の使い方~作成方法【Stable Diffusion】

この機能は3~5枚の絵を用意して、その絵の「物」もしくは「画風」を学習させる機能です。NMKDのGUIを使ったConceptの利用方法からColaboratoryを使って自作する方法を解説。100%違うと言えない、親子の遺伝的な似方をします。

【AI&Blender3.4】画像に光を追加する方法【ライティング】

ClipDropのRelight機能で光を設定できます。仕組みは凹凸情報+3D的な光源処理なのでBlenderで再現できます。再現すると木漏れ日や光のフチに色をつけるなど細かな設定ができます。絵の地上げなどにご活用ください。

【ノイズ除去+拡大】AIで作った小さな画像を綺麗に拡大する方法【RealESRGAN】

RealESRGANを使うと綺麗に拡大できます。こちらはWEBページから使うことができます。こちらの設定から使い方を解説。
タイトルとURLをコピーしました