生き方

生き方

【改善】姿勢を良くする方法【歩き方・座り方・寝るときの姿勢】

良い姿勢のコツは背筋をまっすぐにして、なるべく左右対称することです。これを行うためにスマホを目線の高さで見る、PCのディスプレイの高さを上げるといった方法があります。他にも壁を使って定期的に姿勢を調節する方法を解説。
生き方

【不眠症改善】睡眠の質を上げ、理想の睡眠をとる方法【眠れないの対処法】

理想的な睡眠時間は7~8.2時間。睡眠の質を上げると「眠れない」が治る。質の上げ方は日中にセロトニンを出す「朝~昼に瞑想、日の光を浴びる、リズム運動。夕方~夜はリラックスして青く明るい光を見ない、など」について解説しました。
生き方

【治し方】昼夜逆転の対処法【時差ぼけ、睡眠障害】

一日で治せるような、短期的な昼夜逆転の治し方を解説。眠る時間を前と後にズラしす方法を解説。「興奮系娯楽を使う、空腹状態を保つ、強くて青い光を見る、過度な運動する、過度な食事する、睡眠薬などに頼る」長期的には体に悪い方法が多いので注意してください。
生き方

【帰納法の欠陥】科学的に正しい系との付き合い方【研究、調査】

よく使われる複数の事例から共通点をまとめて答えを出す考え方には問題があります。しかし、これを人が持つ『心の習慣』の影響で正しく感じます。今回はその事とこの問題との向き合い方について解説。
生き方

〇〇禁止、考えないは、なぜ逆効果なのか、皮肉過程理論について

何かを制限したり、禁止すると逆に頭から離れなくなる働きがあります。依存症などの治療では逆効果です。また、誰かに何かを伝えると気にあえて禁止と表現して印象に残すという使い方もできます。今回はこの人の性質について解説。
生き方

【才能、価値観】やりたい事の見つけ方【モヤモヤ、自分探し】

やりたい事の見つけ方として「なりたくない状態を反転」「カレンダーマーキング法」「やりたいことの見つけ方の本をすべて実践」について解説。 すぐできるのは嫌な事反転、時間をかけて自分の価値観や特性、才能を知りたい場合はカレンダーマーキング法。
生き方

【まとめ】健康的な食事について【食べ物,選び方】

避けたい食べ物は揚げたり精製されれたり原材料表記が多いもの。おすすめ食材はハチミツとバナナ。また魚、ナッツ(少量)、発酵食品は効果的。何を食べるかと同様に「よく噛んでゆっくり食べる」ことも重要という事について解説。
生き方

【メリット】親切と幸福度の関係について【オキシトシン】

親切にする/させるとオキシトシンという脳内物質が出ます。これが心と体に良い影響を与えます。理想的な親切の行い方は1日にまとめて、意識的に、同じ親切を繰り返さず行う事。また親切の結果生まれた感謝にも脳内物質を出す効果があるのでおすすめ。
生き方

【メリット】感謝と幸福度の関係について【オキシトシン】

感謝にする/させるとオキシトシンという脳内物質が出ます。これが心と体に良い影響を与えます。伝えたほうが良いですが、心の中で思ったり、物や自分の体への感謝でも効果があります。またネガティブな事が起こった場合でもより悪い事態を想定して、それと比較し感謝する方法があります。
生き方

【健康習慣】おすすめ運動方法について【やり方,タイミング,続け方】

運動は寝起き1時間、食後、空腹時は避けた方が良いです。理想は午前中か16時頃。有酸素運動と無酸素運動は両方行おうことをおすすめ。運動方法はYoutubeで毎回違うダンス系の運動動画を見るが理想。日中の場合はできるだけ日の光を浴びながら運動する。
タイトルとURLをコピーしました