生き方

生き方

【モテ物質】テストステロンの効果と増やす方法【心の安定化】

増やす方法は運動、適度な睡眠、肥満の解決、栄養のある食事、日光を浴びる。逆にお酒、ストレス、年齢でテストステロンは減ります。また海馬にも影響があり、出すと記憶力の改善や認知症予防に繋がります。怒りやイライラはテストステロンを出すと逆に抑えられます。この事について解説。
生き方

【いつ出る?】成長ホルモンの効果と出し方について【増やす,方法】

成長ホルモンは睡眠、中強度の運動、筋肉量を増やす、空腹状態を作ると出ます。効果は脂肪燃焼、筋力アップ、疲労回復など。10~20代が生成のピーク。しかし、大人になっても細胞の修復などメリットがあり積極的に出す必要があります。
生き方

幸福とはなにか?定義と考え方について

様々な本を元に『幸福とは何か』という定義の部分を抜き出しまとめとめました。 幸福とは何かとお悩みの方はぜひご覧ください。
生き方

【幸福論】カレンダーマーキング法について【実験、実践記録】

これは、個人によって違う幸せの価値観を測定する方法です。1日の終わりにカレンダーにその日の評価を〇、△、×で書きこみ、理由を1行程度書くという方法。 これを1か月程度続けると、あなたにとっての幸福がわかります。これの解説+私の実験記録を紹介。
生き方

実験:Well-Being Circleで幸福度が改善されるのか

約3か月間使って得た結論は「幸せになる努力をすれば幸福度は上がる」です。 幸せになる努力とは、Well-Being Circleで幸福度が低いと出た要素に対して具体的な改善法を決めて行う事。 この記事では私の実験記録と改善のために行った事を記録しました。
生き方

【闘争or逃走本能】アドレナリンの特徴と良い出し方について

アドレナリンはストレスホルモンでありながら、集中力を高めたり生産性をあげる幸福物質的な働きも持っています。良いものは「運動、筋トレ、大声を出す、心拍数を上げる、適度な緊張を作る」などで出ます。悪いものは「過度な緊張、イライラ」など。この物質の性質について解説。
生き方

【幸福物質】エンドルフィンとは何か?出し方と違いについて

モルヒネの60倍以上の鎮痛効果があるエンドルフィンは様々な状況で出ます。主な出し方は体がダメージを受けた時の放出。怪我だけでなく、負荷の高い運動、辛い物を食べるといった行為で出ます。またリラックス、笑う、体の快感でも出る不思議な物質です。
生き方

【オキシトシン】つながりの幸福感を高める方法【脳内物質,出し方】

幸福物質、オキシトシンの出し方は「ペットと触れ合う、植物を育てる、可愛い動物の写真を見る、人とスキンシップ、良好な人間関係の人と交流、親切、感謝」。出すと脳機能を上げ、人を愛する力、温かな人間関係を作る力が上がります。このつながりにかかわる物質について詳しく解説。
生き方

【ドーパミン】達成や意欲の幸福感を高める方法【脳内物質,出し方】

幸福物質、ドーパミンには良い出し方と悪い出し方があります。良い出し方は「運動、自己成長、依存症からの回復」。出すと人の意欲、集中力、脳機能を上げます。悪い出し方をすると依存症になります。世の中には多くの悪い依存症ビジネスが溢れてるので注意。
生き方

【セロトニン】癒しや健康の幸福感を高める方法【脳内物質,出し方】

幸福物質、セロトニンの出し方は「瞑想、日中日光を浴びる、リズム運動、よく噛んで食べる」。出すと感情を安定させる効果があります。明るい内に出すと、夕方~夜にかけて睡眠物質に置き換わり深く眠ることができます。この健康にかかわる物質について詳しく解説。
タイトルとURLをコピーしました