【Blender3.0】色の塗り方について

3DCG

はじめに

今回は3DCGに色を乗せる仕組みを紹介します。

3DCGに色を乗せる仕組みは主に4つあります。

  • マテリアルカラー
  • シェーダー
  • テクスチャ
  • 頂点カラー

こちらを解説していきます。

マテリアルカラー

マテリアルは描画設定の集まりです。
これをモデルに割り当てる事で色が塗れます。

多くの3Dソフトでは一番最初のマテリアルに何かしらのシェーダーが割り当てられてます。
これを操作する事でモデルの色を変える事ができます。

マテリアルと初期設定のシェーダーだけでは出来る事は限られてます。
そこで新しくシェーダーとテクスチャを用意します。
これをマテリアルに割り当て複雑な色を表現します。
これが3DCGの一般的な色の塗り方です。

シェーダー

シェーダーは陰影の処理の仕方です。
シェーダーは単体では機能せずマテリアルに設定する事で機能します。

Blenderはシェーダーエディターのノードの中にあります。
※Shift+Aでノードを追加→シェーダー


Unityはシェーダーのファイルとして作成されます。

テクスチャ

テクスチャは色などを表現した画像です。
マテリアルのカラーに設定する事で複雑な色を作れます。

PBRテクスチャ/マテリアル

画像で色だけではなく物の凹凸、粗さ、金属光沢などを画像の色で表現できます。
これで物理挙動に基づいたリアルな質感を再現できます。(PBRテクスチャー/PBRマテリアル)
これでリアルな表現を作り上げる事が出来ます。

本記事ではこちらのテクスチャを使用(CC0 License)
https://ambientcg.com/view?id=Bricks074

頂点カラー

頂点カラーとは頂点に色を塗る処理です。
頂点にRGBの255階調の色データを追加します。
頂点の間の色は自動でグラデーションが入ります。

これはZbrushなどの頂点がたくさんあるスカルプト系で使います。
Blenderを使ったポリゴンモデリングにはほとんど使いません。

まとめ

3DCGに色を乗せる仕組みとしてマテリアル、シェーダー、テクスチャ、頂点カラー の4つを紹介しました。

マテリアル、シェーダー、テクスチャはよく混同されます。
こちらの記事を見て違いを理解して3DCG作品の制作に活かしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました