【Ableton】音のランダム化、グルーブの作り方【ランダマイズ】

音楽
スポンサーリンク

はじめに

今回はグルーブの作り方を紹介します。
ソフトはAbleton Live10 Standardを使います。

グルーブとは何か

グルーブの元々の意味は「ノリ」やテンションが上がるリズムという意味です。
DAWでは打ち込みの機会っぽさを減らす“ランダム感”という意味で使わることが多いです。

※この記事ではランダム感で進めましたが…
音楽やってる人からは違うという指摘があって、現状、迷走してます。
また理解できましたら、まとめなおします。

グルーブの構成要素

この3つがグルーブの構成要素です。
・音の強さ
・音のタイミング
・音の長さ

DAWで表現するとこのようになります。

簡易版:グルーブ制作

Clip → Groove横の回転矢印を選択。

するとグルーブのテンプレートが出てきます。
好きな物を入れてください。(特にこだわりが無ければMPCを開きます)

ここではMPC 8 Swing-50を選択。
こちらをGrooves下のNoneにドラッグ&ドロップ。

⚠追記:注意点

この記事では、次の項目でグルーブをCommitします。

が、これは避けた方がいいみたいです。

グルーブは楽器別で適応するとランダム感、揃ってないが出るようです。
なので、Commitはせず1つのグルーブを曲全体のMIDIに割り当てるのが良いみたいです。

ただ… 諸説ある世界なので、現状はこの方法を試して、音楽やってる人に聞いてもらった所バラバラという指摘を受けたことを追記しておきます。

Commitをクリック。
するとグルーブが生まれます。

再度割り当ててCommitします。
するとより大きなグルーブになります。

テンプレートによっては音の強さが変わらないものがあります。
その場合は別のテンプレートを選択し、割り当てます。

ここではMPC 16 Double Down-50を割り当てました。
すると音の強さが変わりました。

以上で簡易版のグルーブ制作が完了です。

クオンタイズ:アナログ入力を整えるアプローチ

※次の詳細版設定でも使います。
 アナログ入力しない方も読んでください。

入力デバイスを使うと、音の強さは人力で設定できます。
メジャーなデバイスだとピアノやPad。

笛やドラムもあります。
ご自身の楽器経験に合わせて決めてください。

アナログで入力すると、タイミングのズレなどが必要以上に大きくなります。

これは、キーを選択 → 右クリック → クオンタイズ設定で調節できます。

開始と終了にチェック。
アマウントの%を操作すると整われ具合が調節できます。
綺麗すぎるとグルーブが消えるので60%などに設定。

これでアナログ入力からグルーブ制作ができます。

詳細版:グルーブ制作

簡易版の方法でグルーブテンプレートを入れ続けていくと表示が増えます。

こちらを修正するため、2重波線ボタンを押します。

すると、設定されてるグルーブが表示されます。
1つを残して、Shift+クリックで複数選択 → Deleteキーで削除

写真を撮り損ねたので、表示名が変わってます。

つぎに、ここでグルーブを設定します。
右下のグローバルアマウントは全体にかかるので注意。

各設定項目の意味はこちら。

ベース:何拍子をグリットとしてみるか
・クオンタイズ:グルーブを入れる前に行う音の配置整理
・タイミング:音の長さとタイミングを変える
・ランダム:音の長さとタイミングを変える
・ベロシティー:音の強さをランダムを変える(100 ~ -100%)グローバルアマウント:すべてのかかり具合を調整。

下記のように設定しました。
また、元になるグルーブの違いによっては挙動が異なるようです。

ベースクオンタイズ:操作しない(0%)
・タイミング+ランダム:50%
・ベロシティー100%グローバルアマウント:130%

この設定でCommitすると、このような結果になります。
強さ、タイミング、長さすべてが不均一になりました。

クオンタイズはここで設定すると「開始位置」しか反映されません。
アナログ入力で紹介したクオンタイズ設定で調節することをおすすめします。
そして、ここでクオンタイズを使わないのでベース(拍子)の設定は不要。

保存ボタンを押すと保存できます。
ユーザーライブラリー → Groovesに保存されます。

これまで使ってたグルーブはPack → Groovesにあります。
他のグルーブもこの設定数値が違うだけです。

なので、今作ったグルーブが1つあれば大丈夫です。
あとは用途に合わせて自力で調節します

以上でグルーブの作成が完了です。

より細かな表現

グルーブテンプレートはグルーブを自動で制作してくれるので便利です。
しかし、”ここを強めたい”といったニュアンスは表現されません。

そのような場合は人力で調節します。
・強さはAlt+クリック → 上下にドラッグ
・長さとタイミングは左右の切れ端を操作して調整

また、このような操作を行う場合、
人によってはアナログデバイスで入力した方が早くなります。

自身の楽器経験に照らし合わせて、
マウスを使うか、デバイスを使うか決めてください。

まとめ

今回はグルーブの作り方を解説しました。
他にもコード理論について解説しています。

ぜひ、こちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました