【オンラインサロン】リベシティに2年ぶりに入った話と感想【必要?不要?】

個人事業
スポンサーリンク

はじめに

今回は、オンラインサロン「リベシティ」に2年ぶりに入った話をまとめます。
※2023年7月入会時点での記事です。

入った理由

稼ぐ力を増やしたかったから

今のままでいいのか?と問題を投げかけたのは「スキューバダイビングの経験」でした。
ライセンスを取って潜りたいと思いました。
ただ、現状の稼ぐ力では、継続的な活動は難しい。

そこで、稼ぐ力のヒントを得ようとリベシティに入りました。

リアル、対面での人間関係が欲しかったから

もう1つの理由が、リアル、対面での人間関係が欲しかったからです。
私なりの合理性を追求した結果、リアルでの人との交流が無くなりました。

・会社 → どこにも雇われなかったので個人事業主になった
・交流 → VR、SNS、ネット通話で完結(リアルで合うとお金がかかる)

そして、2年間リアルでは「親」以外の交流がほぼ無い暮らしをしてました。

ある時、思ったのです。
「本当に、これで、このままでいいのか」と。

まじで、会社を辞めるとVR以外で孤独。

社会人がネット以外で友達をつくるには問題

そこで、思いつく方法をまとめると下記。

・就労する
・社会人サークルに入る
・習い事をする(スポーツ、カルチャーセンターなど)
・バーのような交流できるお店の常連客になる
・イベントに参加する
・勉強会に行く
・ジモティーなどで見つける
・コワーキングスペースに行く
・オンラインサロンのオフ会に参加する
・宗教に入る
・ボランティアをする

いずれにしても「何かしらお金はかかる」+「自分から動かないといけない」です。

VRやネットも… パソコンや機材代を払ってるので
合う事にお金を使ってると解釈できます。

ネット勢からみたネット以外で友達をつくる方法

先ほどの方法を私が考えると、下記のようになっていきました。

・就労する
 → ダメでした

・社会人サークルに入る
 → 1イベント参加費3000~5000円ぐらい
 → マッチング、婚活色が強い
 → 今の所、恋愛をする予定は無いのでパス

・習い事をする
 → なんやかんやでお金が年に万単位でかかる。
(専用靴、バトミントンのラケット代、受講料など)
 → 学ぶだけなら、ネットの情報でいい
 → 運動もネットで上がってる筋トレ動画などで代用可
 → ネットでいい
 → なんならVRイベントで講座やってる人が居る
 → VRでもいい

・バーのような交流できるお店の常連客になる
 → なんやかんやでお金が年に万単位でかかる
 → VRChatにバーイベント的なモノがある。
 → VRでいい

・イベントに参加する
 → VRChatにある
 → VRでいい

・勉強会に行く
 → VRChatにある
 → VRでいい

・ジモティーなどで見つける
 → 充実してれば、有力な候補だった。
 → たまにクワガタ採取とかあって楽しそう
 → ただ、そんな「手伝って/助けて」は少ない
 → 会った人がハズレの場合、つぶしが効きにくい
 → 考え方は悪くないはずだが… 変な依頼が多く、思ってるようなものはほとんど無い
 
・コワーキングスペースに行く
 → 有力候補。1時間300円~、月額なら月5000~が相場+交通費
 → 家で普通に作業できる勢は、作業場にお金を払うのに抵抗がある
 → もっと言うと、VRChatにコワーキングスペースや作業イベントある。

・オンラインサロンのオフ会に参加する
 → 本来的な意味では、習い事やサークルに入ると同じ
 → ただ、詐欺ややりがい搾取が多いので「宗教に入る」にも近い
 → また、そもそもネット勢にとってはオンラインでコミュニティができるのは当たり前
 → DiscordやVRChatでいい
 → ネットやVRでいい

・宗教に入る、推し活する
 → その"ご神体"を信じるきることができれば、その時点で共通項のある人で集まれる
 → カルトや、やりがい搾取系オンサインサロンは入らない方が良い
 → ただ、毒性が低いモノで宗教とわかっていればアリかもしれない

・ボランティアをする
 → その場所に行くまでの交通費がかかる
 → 悪い事ではないと思うが… う~ん
 → あと、VRChatのイベント運営というボランティアを既にしてる
 → VRでいい

実際、ほとんどの事はリアルでやる意味を感じなかった。
だから、2年間、VRだけで過ごせた。

「リアルでのランダムな出会い」というコワーキングスペースに行く以外、
わざわざお金を使って不便な事をしてる感があった。

そして、リベ大へ

いや、オンラインサロン要らないと言った人間がなぜオンラインサロンに向かったのか。
それは、「リベ大オフィス」が使えるから。

リベ大オフィス概要

・事実上のコワーキングスペース
・リベシティの入会費は月2000円。
・リベシティに入会すれば、リベ大オフィスが利用し放題です
・1日の最大の滞在時間は6時間(詳細

6時間滞在すれば、1時間300円のコワーキングスペース換算で1800円。
1回でもほぼ元が取れ、2回以上行けば、相場より安くなる。
また、リベシティのSNS的な機能が充実して継続的に合いやすい。

リアルで会おうとした時点で、予算3000円以上はするから…
リベシティ → オフィスはありな選択肢なのかなとおもいました。

入ってみた感想

どこ行っても学長ライオン

リベシティで活動する限り、どうやってもあの学長ライオンが目に付く事になります。
あまりにも目につきすぎて宗教観があります。

両学長が”推し”の方には良いのですが…。
好意的ぐらいの人には、どこ行ってもライオンだなぁ… と思います。

悪くはないんですけど…。

それなりに準備がいる

リベシティで活動するには、それなりの準備が必要です。
「心」や「時間」的な意味で。

・高い目標意識や変わりたいという願望
・良いお話しがあった時にすぐに飛びつけるようある程度余裕がある状態
・人と関わりたいと思えるぐらいの精神的余裕

このあたりが揃ってないと、あまり活動できず、お金を払うだけで終わります。

バーチャルオフィスはあまり交流できない

リベシティは「oVice」を使ったバーチャルオフィスがあります。
こちら、かなりコミュ力が高くないと話に行く事すらできません。

リアルオフィスでは、そこに居るだけで話す「きっかけ」のような機会があるのですが…。
バーチャルオフィスはそれが無く、情報も声とアイコンだけ。
話に入る「きっかけ」を自ら作れる人以外、会話への参加すら難しい印象でした。

同時接続が100人ぐらい出せる点で、oViceは凄いですが…
交流のしやすさ的にはVRChatなどのアバターがあるサービスが上な印象。

VR、3DCG、DTM、R-18同人系は活発でない

リベシティで活発なのは下記のようなコンテンツです。

・SNS運用、(TikTok / Instagram)
・せどり
・ハンドメイド
・WEBライティング
・投資

VR、3DCG、DTM、R-18同人はやってる人は居るのですが…
あまり活発ではなく、人が少ない印象でした。

この手の人種は…
TwitterやDiscordのサーバーに入った方が出会える。

稼ぐ力はリベシティ以外でも見につく

まず、リベシティは、つよつよ経営者の集まりではないです。
これから何かを始めたい人が多いです。
なので、めちゃくちゃ成果を出してる人が集まってるわけではないです。

そして、何か活動してる人はVRChatにも居ます。
さらに、VRChatにはビジネスをやってる人の集会、株やってる人の集会などがあります。

リベシティじゃないくても、そういう場所はあります。

VRChatは「3DCG、DTM、R-18同人系」の副業の話題が多い。
私の属性的には、こちらの方が合ってそうでした。

あと結局、稼げるかどうかやヒットを出せるかどうかは「運」でしかないのですよね…。
稼ぐ力を上げるのに、できる事は継続して「商品数を増やす」事ぐらい。

復帰勢は微妙に居づらい

リベシティは、ユーザー同士がQRコードでフォローし合える仕組みができてます。
そして… 割と見られるポイントが会員情報。
そこにあるのが「リベシティの登録日」と「会員区分」

復帰勢は下記のようになります。

・登録 - 2021年6月
・会員区分 - 一番安いプラン × 3回

そして、オフィスでお話しした際、下記のようになります。
「古参なんですね。でも、登録期間が… あっ」

別に悪い事ではないのですが…
微妙な罪悪感を感じ、本当に “微妙” に居づらい。

R-18同人をやってる人も微妙に居づらい

リアルオフィスでは当たり前ですが、女性の方も居ます。
そこで、話しの中で活動名を検索されて、R-18系の活動が出てきたらどうしようかという不安がありました。

VRChatの女性層は、むしろR-18系コンテンツ作ってる側なので気楽ですが…
たぶんFAN〇AやDL Si〇eが伝わらない女性層なので、かなり気を使う…。

ネット勢にはリアルオフィスに行くだけで大変

ネット勢からみた、リアルのデメリットは下記。

・ユーザー個別の音量を調整できない = 音がガヤガヤする
・自分の声をアンプなどで増幅できない = 声を張る必要がある
・移動に片道1時間、交通費が往復1000円ぐらいかかる。

VRChat勢にはオフィス出てすぐ、
今からログアウトするのに1時間+500円ぐらいかかるのか…

と思ってしまいました。

リベ大オフィスに行くと、確かに元気になりました。
が、これは久々に遠出したことによる、運動の効果な気がします。

だとすると、2~3週間に1回、遠出して森林浴でもいいのではと思い始めました。

高配当株は意見が分かれる

私が入った理由の1つに、両学長のおすすめ高配当株が見たかったからというのもありました。

インデックス投資なら「全世界」か「S&P500」の積立買いという答えが出てます。
高配当株で、このような答えを知りたく、その情報目当てで入りました。

結論だけ言うと「高配当株は意見が分かれる」でした。

具体的な銘柄は言えませんが…
この本でおすすめされてる会社と、両学長のおすすめしてる会社が1つも被ってません。

結局、高い知識や専門性がある人が “意見が分かれる” モノなので…。
参考にはなりますが、買うなら株専用の勉強が必要と思いました。

個別株持つと何かしら郵便が届いて面倒なので…
現状はインデックス投資でいいや、となりました。

そして、株に力を入れる前に… 稼ぐ方に力にを入れた方が良い問題。

リベ関係のサービス、代用効く問題

リベシティは様々なサービスを出してます。
が、対面系以外のモノは他で代用が効きます。

・チャット
→ Discordサーバーで代用可

・バーチャルオフィス
→ VRChatで代用可

・リベシティオフィス
→ これは代用が効かない、家から近ければとても魅力的

・リベシティワーク
 → 価格帯的にココナラなどのサービスとほぼ同じ

・リベシティマップ
 → リベシティ関係者のお店が分かる
 → おもしろく代用は無いが…、使う機会はうーん…

・リベシティスキルマーケット
 → 価格帯的にココナラなどのサービスとほぼ同じ

・リベシティスキルマーケット(対面)
 → 代用なし、カメラやってる人などは使える

・リベシティスペース
 → 関係者の部屋などが借りれるサービス
 → レンタルオフィスやホテルなど、これじゃなくても他に選択肢がある

・リベシティファーマーズマーケット
 → 関係者の飲食物が買えるサービス
 → 他の選択肢がある

・リベシティフリーマーケット
 → 関係者内で回すメルカリ
 → 特別な事はあまりなく、商品数が少ないので、普通にメルカリで良い

…となると、対面以外で優位性はあまりないのです。

おすすめする人

これまでの事をふまえ、それでもリベシティをおすすめできる人は下記。

・タスク的、心理的余裕がある
・家とオフィスが近い方(自転車で行ける範囲)
・対面系の副業をしてる方(カメラなど)
・両学長が "推し" 的なぐらいに好きな方
・ネットオタク的な事に関係しない方(VR、3DCG、DTM、R-18同人など)

家とオフィスが近い方は、普通にコワーキングスペースとして価値があります。
月2000円で人が居てエアコンが効いた部屋が使い放題はとても魅力。

1か月無料の体験会員になると、位置を知れます。

また、対面系は替えが効かないので、カメラなどをやってる方は、対面のスキルマーケットがおすすめできます。

あとは、あのライオン推しなら仕方ない。
ネットオタク系の事をしてる人には… ちょっと界隈が違って居づらい。

おまけ:そして至った結論

結局、私は1ヶ月で解約しました。
悪くはないのですが、私には合いませんでした。

・稼ぐ力を増やす
→ これまで通り、作品を作り発表していく
→ 情報交換はVRChatを中心に行う
→ 足りない分は、短期的に雇われて働き稼ぐ

・リアル、対面での人間関係を増やす
→ スキューバダイビングで交流を作る
→ VRChatでオフ会する機会があれば行く

短期的に雇われて働き稼として「おてつたび」や「リゾートバイト」を使う。
ここでは、1~2週間ぐらいの短期で働けます。

おてつたび|お手伝いをしながら、知らない地域を旅する
お手伝いをしながら知らない地域を旅して気づいたら自分にとって”特別な地域”になっている、そんなサービスです。日本各地に溢れる地域の魅力を、地域の人を通じて知ることができます。
リゾートバイト・リゾバ®️の【リゾバ.com】働く!遊ぶ!体験する! - リゾバ.com
リゾートバイト業界No.1の求人数!リゾバ.comは日本全国にある豊富な住み込みのお仕事情報をこだわりの条件で簡単検索!LINEからの登録もOK!
リゾートバイトするなら!アルファリゾート
コンテンツたくさん!公式HPはコチラ

なので、奇数月の2週間ぐらいはリゾートバイト、偶数月はスキューバーみたいな運用をすれば私の「スキューバーをやるための稼ぐ力問題」は解決する気がしました。

あと、旅行先に2週間ぐらい滞在できれば…
カメラを持っていって天候のいいコンディションを狙いやすい。

実行はまだ先ですが…
この結論で、私の中で落ち着きました。

最新情報は得れたので、何かいい活用法思いつけば戻ろうと思います。
ただ、今年いっぱいはあんまり心理的な余裕もないので…。

まとめ

今回は、リベシティの2年ぶりに入った話と感想をまとめました。

・家からオフィスが近いなら、入る価値は大いにあり
・カメラマンなど対面系のサービスがしたい人にもおすすめ
・ネットオタク的な事をしてる人には合わない
・バーチャルオフィスは、話す”きっかけ”がつかみにくくあまり交流できない
・リベシティじゃなくても代用できる事は多数ある

また、ほかにもリベ大や個人事業関係の事をまとめてます。

ぜひ、こちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました