【確定申告】Udemyの売上を仕訳し帳簿付けする方法

個人事業
スポンサーリンク

はじめに

今回はUdemyの売上を仕訳する方法を紹介します。

・1か月で単位でまとめて仕訳する方法
・入金の仕訳方法
・決算整理仕訳(ドルを円に変換)

この3つについて解説。
正直言うと…つらいです(笑

1か月で単位でまとめて仕訳する

売上は月1回にまとめて入力する事ができます。

会計・申告ソフトとは別に、毎日の売上管理表等を内部資料としてノートやExcelなどで別途作成している場合は、まとめて仕訳しても差し支えありません。

弥生『毎日の売上を月1回にまとめて入力してもよいですか?』より

そのためには下記の2つが必要になります。
・1か月分取引記録の帳簿付け
・売上管理表(毎日の取引を1か月分記録)

この2つの作成方法について解説します。

1か月分の帳簿付け

Udemyにログイン → 自身のアイコン → 収益レポートを選択。

iマークの無い月を選択。

iマークは金額が未確定の状態です。
返金処理がある為こうなってます。

CSV

メアドを打ち込み送信。

メールを開きます。

リンクを右クリック。
名前を付けてリンク先を保存を選択。

.zipとして保存されます。

注意書きが出るので『継続』を押します。

.zipを展開。

これで.csvの売上管理表が完成です。

表計算ソフトでCSVを開いて確認。
私はLibre Officec(無料)を使用。
下記のような設定で開くと確認できます。

帳簿付けに必要な情報が英語で載ってます。
※赤色の注釈は私が付けました。

縦一列全選択 → Σ → 合計を選択。
※金額はダミーです。

すると合計金額が出てきます。

ここでは特別に実際の金額の一部を公開。
まず、円単位の物(支払価格、消費税)を合計します。

次に$単位の物のうち受取金額を円に変換します。

これは『受取金額($)÷為替レート = 受取金額(円)』に変換できます。

受取金額(円)を合計します。

これで必要な情報がそろいました。

支払手数料を計算で出します。
支払金額 ー 受取金額 + 消費税 = 支払手数料

会計ソフトを立ち上げ情報を打ち込みます。
私は弥生の『仕訳の入力』を使ってます。

情報を下記のように変換します。

(借)売掛金 = 受取金額 + 消費税
(借)支払手数料 = 支払手数料
(貸)売上 = 支払金額

会計ソフトに入力。
登録を押します。

これで帳簿付けが完了です。

入金された時の処理

私はこのように処理してます。

(借)その他の普通預金 ****円 / (貸) 売掛金 ****円
※****は入金額。

入金処理は1取引なので管理表の作成は不要です。

決算整理仕訳(挫折)

売上を$で持ち続けた場合は…確定申告の際、$を円に変換して記入する必要があるようです。
その差額を為替差益、為替損益として記入します。

ごめんなさい、ここで心折れてUdemyの講座を非公開にしました。
いまなら税務署の方が来て為替差益の追徴課税を食らったとしても多分10円~20円です。

これに関しては諦めます。
むしろ来てくれ、教えてくれ。

他にもUdemyは様々な理由で初心者の副業としておすすめできません。
動画講座を売りたいならYoutubeで流すかMediableなどを使う事をおすすめします。

その理由についてはこちらで詳しく解説。

【稼げない?!】副業でUdemyをおすすめしない3つの理由
おすすめしない理由は『稼いだ後が面倒』だからです。 1000万以下の個人事業主の場合、税法上不利+確定申告や帳簿付けの際に問題が発生します。 これについて解説。

まとめ

今回はUdemyの売上を仕訳し帳簿付けする方法を紹介しました。
他にも、クリエイター向けの帳簿付け・確定申告関連の情報はこちらでまとめてます。

【個人事業】クリエイター向け確定申告関連情報(まとめ)
青色確定申告に必要な会計ソフトの情報からクリエイター向けサービスの売上の仕訳、帳簿付け方法の記事のリンクをまとめました。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました