Youtubeとブログ始めるならどっち?

記録

はじめに

今回はブログとYoutube始めるならどっち?という方に向けてYoutubeとブログを両方実践して見えてきたそれぞれの強みと弱みについて解説します。

そして最後に、悩みの末行きついたYoutubeの台本にワードプレスのブログを使うという選択肢を紹介します。

これからブログやYoutubeを始めようと考えてる方の参考になりましたら幸いです。

ブログの強みと弱み

ここでのブログとはワードプレスで作成したブログの事を指します。

強み
・1コンテンツの制作スピードが速い(慣れれば3時間~半日で1記事)
・収益化のスタートタイミングが早い(アドセンス審査はブログ開始3週間目で通りました)
・自分の思考が整理できる
・幅広いジャンルの発信が可能(検索流入に期待できる)

弱み
・始めるまでの障壁画高すぎる
・広告を載せて収益化しても実際にお金が入るまでが長い
・月額課金制で稼げるまではお金が減っていく
・同業者が多い(検索の上位に載りにくい)

Youtubeの強みと弱み

強み
・サーバー代などの維持費が0円
・見る人が多い
・競合が少ない

弱み
・発信内容を1ジャンルに絞る必要がある(Youtubeにおすすめされやすくするため)
・1コンテンツ制作に時間がかかる
・発信内容が整理されてない状態で始めると動画にすらならない
・収益化までが遠い(半年超えても収益化無し)
・運営の仕様変更やBANのさじ加減1つで一気に収益化が止まるリスクがある。

Youtube台本にブログを使う

Youtubeは思考がまとまってない段階で始めると、喋りながら迷うのでものすごく時間がかかります。
2週間かけて動画としてまとまらずボツになるという事も多々ありました。

内容もしゃべりながらあれこれ付け足して気づけば60分の動画になる事もあります。(これはパートを分けました)

そうした工数の見積もりの大誤算を避けて手早く動画を作る為にも完成度が高いまとまった台本が必要です。

そこでワードプレスのブログを月額800円のメモ帳とらえてYoutubeの台本に使うという発想にに至りました。

ワードプレスは見出しなどがあり、手早くまとまってない思考をまとめて形にすることが可能。
複数デバイスでの共有も可能で画像やURLなども添付可能。
ブログとしての文字数も1200文字が理想でそれを超えると書いてて長いと感じるようになります。

1200文字で大体4分半、1600文字で7分ぐらいの動画ができます。
この辺りの文字数や時間を目安にして、発信内容の迷いを一度ブログとして完成させることで無くせばこれまで1週間に1本が限界だったYoutube撮影が週2~3は作れるようになりました。

超時短でコンテンツも2倍になってとても便利です。

Youtubeとブログって実際どうなの?

Youtubeは2021年の4月頃初め、ブログは10月の前半から始めましたが現状稼げてません。
動画制作は無料働きの長時間労働、ブログはサーバー代で赤字。これか現実です。

正直、VRChat向けのモデル販売やKindolの電子書籍のような“商品を売る”方がお金に直結してます。

ただ1年後や2年後を見越したフォロワーや自分自身の勉強の為に続ける価値はあると思ってます。
お金の為というよりは勉強と記録の為、アウトプットして記憶に残そうしてと続けています。

この本に書かれている学びの最適解
・記憶に残すために2週間に3回のアウトプット
・インプットとアウトプットの比を3:7にする事

学びを結果に変えるアウトプット大全 | 樺沢紫苑 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで樺沢紫苑の学びを結果に変えるアウトプット大全。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

これをするのにブログ+Youtubeはちょうどいい題材でした。

そしてこの情報発信が上手く行かない事自体が、何故上手く行かないかと考える勉強になる。
どこかブレイクスルー的なポイントが来ると一気に伸びるそうですが…
またそれは体験してないのでわかりません。

まとめ

ブログとYoutubeの比較とYoutube台本にブログを使うという選択肢について解説しました。
これから副業で情報発信を始めたい人に少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました