【商品レビュー】 EVICIV モバイルディスプレイ 15.6インチ

記録

はじめに

今回はEVICIV モバイルディスプレイ 15.6インチレビューを紹介します。

これはモニターアームに接続できるモバイルディスプレイです。

購入の経緯

ブログやYoutubeを作成する中3つの画面がほしいと思うようになったため買いました。
・記事編集用画面
・参考資料を見る画面

・画像素材作成用画面

3枚目のディスプレイは不要論がありますが、クリエイター系の人の場合は作業効率が上がります。

また、選んだ基準は下記の3つ。
・普段はモニターアームに接続できる

・重量が軽い(既に2ディスプレイとノートパソコンをモニターアームで繋いでて限界だった)
・屋外でノートパソコンを使えば2画面の作業ができる
・正面にロゴの表記が無い事

という幅広い選択肢があるからです。

なので、ノートパソコンとほぼ同じ大きさの15.6インチを選びました。

購入後の変化/感想

中国製で説明の日本語が不自然…
少し不安と思いましたが無事使えました。

画像もそこそこ綺麗です。
絵やグラフィックを作成する最低限の基準は満たしてると思います。

ただ、1つ製品の問題ではなく個人的に失敗したと思う事が、
私の場合『屋外で作業する機会がほとんどない』という事です。
もう一回り大きいサイズを買えばよかったと思いました。

モバイルディスプレイをあえて持ち運ばず、
軽量というメリットを享受する選択肢もあるんだという事を学びました。

HDMI接続について

HDMIでの画像送信はできます。
が、給電はできません。

そこで、こちらの『コンセントType-C変換機 → Type-Cケーブル』を使います。
これは製品に付属してます。

こちらの2つのケーブルを使う事でHDMIで画面を表示させることができます。

※Type-Cを使えば給電と画像の入力を同時に行えるのでケーブルは1本で済みます。

メリット

メリットに感じたことは下記の6つ。

・軽量
・画面がそこそこ綺麗
・安価
・モニターアームに接続できる
・必要であれば持ち運べる
・正面にロゴが無い

こちらは購入の経緯や感想で紹介したので割愛します。

デメリット

デメリットに感じたことは下記の4つです。

・持ち運びはあまり使わない+実際持ち運ぶと結構手間
・接続解除時の画面が眩しい
・給電がシビア
・操作が分かりにくい

こちらについて解説します。

持ち運び問題

『変形する家具って便利そうに見えるけど実際1か月ぐらいで変形させなくなるよね』と同じ現象が起こります。

モニターアームから持ち運び状態にするにはこのネジ4つ外す手間があります。
人間はこの手間をなかなか超えることができません。

なので、用途としてはモバイルディスプレイかサブモニターのどちらか1方に自然と絞られると思います。

接続解除時の画面が眩しい

接続が解除されるとこのような画面が出てきます。
ブルーライト対策をしててもPCシャットダウンで『ガンギマリブルーライト』です。

これが5~10秒ぐらい表示されます。
気になる方はPCを落としたら部屋を出るなどの対策が必要です。

給電がシビア

付属のこのケーブルじゃないと給電できません。
コンセントの変換器やケーブルの長さや幅で電力量が変わるようで他のケーブルだとダメでした。
あと、このケーブルでも時々画面が暗くなってます。(笑

配線が細くなると電圧が低下します。
配線が長くなると電圧が低下します。

より、これより短いケーブルでしたら大丈夫かもしれませんが…
線の中にある配線の太さは分解してないので分かりません。
なのでこれ以外のケーブルで現状動作保証はできません。

操作の問題

操作が分かりにくいです。
ただ、使えるボタン数が少ないので上から順に押せば確率の問題で意図した動作を行うことができます。

あとは、時々操作画面で出てくる中国語。
ちょっとだけ不便というお話。

まとめ

今回はEVICIV モバイルディスプレイのレビューを紹介しました。
気になる所はあるけれど、結果買ってよかったと思う製品です。

デメリットも受け入れれる範囲です。
最近買った中で一番使用頻度が高く多くの恩恵を受けたモノだと思います。

製品の性能や動作に関して大きな部分では不満が無く、快適で買ってよかったと思います。
机の重量に限界を感じてる方がディスプレイを足したい時におすすめ。

ただちょっと、一回り大きなサイズを買ってもよかったという後悔がありますが…(笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました