【VRChat】パイメニューの作り方【Avatar3.0】

3DCG

はじめに

今回はVRChatのパイメニューの追加方法を解説します。
VRChat SDK3が入ってる+VRChatにアバターをアップする知識がある事を前提に始めます。

パイメニューの作り方

Projectを右クリック。
Create → VRChat → Aavatars → Expressions Menuを選択。

右クリック → Rename。
Add_Menuに名前を変更。

Add_Menuをクリックして選択。

Inspectorを見ます。
Active Avatarで使いたいアバターを選択。

Add Controlを押します。

すると新しいコントロールができます。


これがパイメニューの1つの枠です。

コントロールはNameで名前を変更できます。

メニューの最大数について

1つのメニューに対して8個までコントロールを追加できます。

VRChatだとBackとResetの項目が増えるので10個にまります。

VRChatモデルへの割り当て

Hierarchyで割り当てたいモデルを選択。

Inspectorを見ます。
VRC Avatar Descriptor → Expressionsを開きます。
MenuにAdd_Menuを割り当てます。

この状態でVRChatにアップロード。

VRChat上でメニューを開きます。
Expressionsを開きます。
すると追加したパイメニューが出てきます。

動作はしません。
何も割り当てて無いからです。

以上でVRChatモデルへの割り当てが完了です。

8個以上のメニューの作り方

メニューの中にもう1つメニューを入れる事で8個以上の処理を設定できます。

Create → VRChat → Aavatars → Expressions Menuを選択。

SubMenu-1に名前を変更。

SubMenu-1をクリックして選択。

Inspectorを確認。
Add Controlでコントロールを追加。

こちらも同様に8個まで作りれます。
名前はSub1~8としました。

最初に制作したメニューをクリックして選択。

Inspectorを確認。
任意のメニューを開きます。
TypeをSub Menuに変更。

Sub Menuの所に制作したメニューをドラッグ&ドロップで割り当て。

VRChatにアップロード。
すると8個以上のメニューを使うことができます。

メニュー制作の実習

こちらのようなMenuを制作してください。
今後の講座の説明の為に必要になります。

構造はこのようなものになります。
Projecctで制作したMenuは3つです。

名前とサブメニューを適切に使えればできます。
テスト問題のような感覚で制作してください。

動作の割り当て

最初から意図した動作を割り当てるのは大変です。
これだけの項目の理解と設定が必要になります。

なのでまず、VRChatのデフォルトのアクションを割り当てる方法を解説します。
動作を割り当てたいメニューを選択。(SubMenu_Dfを使用)

Inspectorを確認。
Parameterの[None]を選択。
VRCEmote,Intを選択。

Valueを対応するコントロールの数に設定。
これを1~8まで繰り返します。

これで動作の設定が完了です。

VRChatにアップロード。
これで動作の割り当てが完了です。

ボタンの形を合わせる

メニューの動作にはボタンの形のような違いがあります。
具体的にはこんなイメージです。


出典:amazon.com

これが適切に設定されてないと正しい動作になりません。

初期のメニューを比較してみると▶マークが無いことが確認できます。

▶なしが左側のボタン。(押してる時だけ動作する=Button)
▶ありが右側のボタン。(押すたびにON/OFFの切り替え=Toggle)
なのでこの▶マークを付けます。


出典:amazon.com

2,4,5,8のコントロールを開きます。
TypeをすべてToggleに変更。

VRChatに再アップロード。
すると▶マークが付きます。

デフォルトのメニューと同じ位置に▶が付いてます。

これで正しい動作になります。

ボタンの形(詳細)

動作に影響を与えるボタンは主に5種類あります。(SubMenuを除外)

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ここからは5つのボタンの設定方法とVRChatでの挙動を紹介します。
SubMenu_5-Fxを使います。

Tpyeをコントローラー名に合わせたものに変更します。
2AxisにはTow Axis Puppetを設定。

4AxisにはFour Axis Puppetを設定。

するとボタンの形が変わります。

Buttonが一番左のボタン。
Toggleが左から2番目のボタン。
2と4Axisが左から3番目のボタン。
Radialが一番右のボタン。というイメージです。


出典:amazon.com

ButtonとToggleはオンとオフ等の瞬発的な変化を作るもの。
Radialがボリュームの方な滑らかな変形を作るもの。
この2つだけ覚えれば大丈夫です。

2と4Axisは少し複雑なので猛者向けです。
使用はおすすめしません。

基本はButton、Toggle、Radialの3つで十分です。
…が、使いたい方はこちらをご覧ください。

https://signyamo.blog/vrchat_2-4axis/

アイコンの変更

説明用にSubMenu_5-Fxにコントロールを追加。

Icon横の◎ボタンをクリック。

Assetsの中にVRChat側が用意した素材が入ってます。
任意の画像素材を選択。

Iconに割り当てられたことを確認。
VRChatにアップロード。

これでアイコンの変更が完了です。

コントロールの削除

コントロール右上のDeleteを選択。

これで削除が完了です。

今後の為の設定(Parameter)

今後パイメニューを動かすためにParameterが必要になります。
Parameterを制作して設定してください。

Projectを右クリック。
Create → VRChat → Aavatars → Expressions Parametersを選択。

Add_Parameterという名前に変更。

Hierarchyで割り当てるモデルを選択。

Inspectorを確認。
VRC Avatar Descriptor → Expressionsを開きます。
ParametersにAdd_Parameterを割り当て。

これでParameterの設定が完了です。

まとめ

VRChatのパイメニューの作り方について解説しました。
今回の実習通り行えばこちらのようなパイメニューが制作されたと思います。

このパイメニューを使って”任意の動作を設定する方法”と”必要になる概念”はこちらで解説。
ぜひこちらもご覧ください。

ーーー必要になる概念ーーー

VRC AvatorDescriptorの使い方

Playable Layersの使い方

Layerの違いについて

パイメニューのTypeについて(ボタンの形)

ーーー任意の動作設定方法ーーー

呼吸アニメーションを設定(Additive Layer)

エモートの設定(Action Layer)

物の出し入れ(Fx Layer)

表情追加(Fx Layer)

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました