【Valve Index】OVRで高さ調節・VRChatで浮く方法

VR

はじめに

今回はVRChatで高さを調節する方法を紹介します。
Valve Indexで使い方を紹介します。
OVRを使うのでOculusやViveでもできると思います。

OVRの導入

Steamを立ち上げ。
ストア → 検索 → 『OVR』を入力。
OVR Advanced Settingsをクリック。

こちらを無料ダウンロード。
普通のSteamコンテンツのようにインストール。

OVR Advanced Settings on Steam
A Dashboard Application for VR, that allows you to access many settings, and provide a litany of utility features, such as timers, audio settings, push-to-talk ...

SteamVRを起動

左上の三本線を選択。

設定を選択。

スタートアップ/シャッ…を選択。
スタートアップオーバーレイアプリを選択をクリック。

VR Advanced Settingsをオンに変更。

STEAM VRを再起動を押します。

再起動後、コントローラーの電源ボタンを軽く押してメニューを表示。
左下のOVR Advanced Settingsを選択。

これでOVRの設定が出てくれば導入が完了です。

高さ調節

コントローラーの電源ボタンを軽く押してメニューを表示。
左下のOVR Advanced Settingsを選択。

Motionを選択。

Space Dragの”Left Hand”と”Right Hand”にチェック。

戻るボタン『←』を押します。

Bindingsを選択。

左コントローラーのシステム横の+を選択。

ボタンを選択。

タッチ横の『なし』を選択。

Left Hand Space Dragを選択。

設定されたことを確認。

右側のバーを選択して下に移動。

Aボタン横の+を選択。

ボタンを選択。

詳細オプションを選択。

上の方の長押し横の『なし』を選択。

バーを選択して下の方に移動。

Reset Offsetsを選択。

個人用バインドを保存を選択。

何か出てきますが気にせず保存。

左手コントローラーの電源ボタンに指を当てます。

この状態でコントローラーを動かす事で浮くことができます。

右手コントローラーのAボタンを長押し。

長押しゲージが出てきます。
最大まで達すると位置をリセットできます。

VRChatを使う上でAボタンはジャンプです。
なので長押しは競合しないと思いこのように割り当てました。

またジョイスティックの押し込みというアイデアもありました。
が、ジョイスティックは壊れやすく寿命を縮めるので避けました。

他にいいアイデアがある方は自由に設定してください。

まとめ

今回はValve IndexでOVRを使った高さ調節の方法を紹介しました。
Valve Indexのレビューやその他VR関連についてはこちらで解説中。

【商品レビュー】Valve indexを1年4か月使った感想と体験談
VavleIndexを1年4か月使い続け、VRChatをVR睡眠無しで500時間以上プレイした長期レビュー記事です。 VRChatやメタバース等のデビューを考えてる方はぜひご覧ください。
【まとめ記事】Valve Indexを使う上で役立つ知識
ValveIndexを使う上で役立つ知識、知っておきたい情報についてまとめました。 購入の判断材料やカスタマイズや設定方法の参考にご覧ください。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました