【VRChat】ワールドにPolyhavenのモデルを追加する方法

VR

はじめに

今回はPolyhavenのモデルを画像に追加する方法を紹介します。
基本的なワールド制作の知識がある事を前提に進めます。

ワールドの作り方はこちらをご覧ください。

【VRChat】イベントワールドの作り方
イベントを開くための最低限のワールドを作る方法を解説。 ワールド制作初心者の方やイベントを開きたい方はぜひご覧ください。

モデルの追加

Polyhavenのモデルページにアクセス。
さらに追加したいモデルを選択します。

テクスチャサイズは1Kにしてダウンロード。(任意)

設定したいモデルを額と同じ手順で読み込みます。
※モデルを増やしすぎるとワールドが重くなるので注意してください。

ノーマルマップの設定エラーが出るのでFix nowを押します。

これでモデルの追加が完了です。

透過マテリアルの修正

葉っぱのマテリアルは透過が入ってるので正しく表示されません。
なので個別にマテリアルを作り対応します。

Projectを右クリック。
Create → Materialを選択。

作業用に制作したMaterialをTexturesフォルダーに入れます。

Materialを選択。
InspectorのAlbedoに色の画像、NormalMapに紫いろの画像を割り当てます。

すると透過部分が黒くなったマテリアルができます。

Rendering ModeをFaceに変更。
すると葉っぱを正しく透過できます。

編集が終わりましたらMaterialを元の位置に戻します。

これでマテリアルの修正が完了です。

マテリアルの割り当て

読み込んだモデルに葉っぱの透過マテリアルを割り当てます。

Hierarchyにモデルをドラッグ&ドロップ。

葉っぱの白くなってる所にマテリアルをドラッグ&ドロップ。

これでマテリアルの割り当てが完了です。

動作確認

VRChat SDKのBulid & Testをクリック。

これでモデルを読み込むことができました。

これで動作確認が完了です。

裏面表示について

葉っぱは裏面から見ると消えます。
これの対処にはシェーダーを作成する必要があります。

初心者向けでなく、遠目で見る分にはクォリティに影響が無いのでここでは省きます。
もし設定したい方は公式シェーダーマニュアルを見ながらシェーダーを自作してください。
もしくは別のシェーダーに置き換えてください。

まとめ

今回はVRChatにPolyhavenのモデルを画像に追加する方法を紹介しました。
他にもワールド関係の知識をまとめてます。

【VRChat】ワールドにBGMを追加する方法
VRChatのワールドにBGMを追加するためのツールの導入 → 素材の入手 → VRChatへの導入 → クレジット表記までの一連の流れを解説。 ワールド制作初心者向けの内容です。
【VRChat】ワールドのサムネイルを任意の画像に設定する方法
VRChatのワールドのサムネイルを差し替える為のツールの導入 → 素材の作成 → VRChatへの導入までの一連の流れを解説。 ワールド制作初心者向けの内容です。イベントなどでワールドを作りたい方はぜひご覧ください。
【VRChat】ワールドの最大人数を変える方法(Capacity)
VRChatのワールドのCapacityの人数を変える方法を解説。 これでワールドの対応人数を増減できます。 ワールド制作初心者向けの内容です。イベントなどでワールドを作りたい方はぜひご覧ください。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました