【Blender3.1】分離したオプジェクトの統合方法

3DCG

はじめに

今回は分離したオプジェクトの統合方法を紹介します。
こちらの宝石と指輪が分かれたオプジェクトになってます。

こちらを統合していきます。

オプジェクト統合の方法

統合したいオプジェクトを選択。
オプジェクトデータプロパティ → UVマップよりUVマップの名前を確認。

もし”UVマップ”などの違う名前になってるものがありましたら”UVMap”などに揃えてください。

モディファイアプロパティを開きます。
モディファイアの中に何もないことを確認しながらShift+クリックで複数オプジェクト選択。
もし何かあった場合は場合はCtrl+Aで適用してください。

Ctrl+Jで統合。

UV Editingを開きます。

3Dビュー上で形状を選択。
Tabキーで編集モード → Aキーで全選択。
UVが重なったり消えたりしてないかを確認。

もし消えてしまった場合はUVの名前が違った可能性があります。
こちらを見ながら修正してください。

Tabキーでオプジェクトモード。
Ctrl+Aキー → 全トランスフォームを選択。

オプジェクトプロパティを選択。
トランスフォームの値を確認。
位置(0,0,0)、回転(0,0,0)、スケール(1,1,1)になりましたら統合が完了です。

まとめ

今回はオプジェクト統合の方法を紹介しました。
次回は不要なマテリアルとテクスチャの確認+削除方法を紹介します。

【Blender3.1】分離したオプジェクトの統合方法
分離したオプジェクト統合する方法を紹介。ミスが起こりやすいUV名とモディファイアの扱いを解説。 モデルを統合したい方や上手く統合できなかったという方はぜひご覧ください。

VRChat向けの指輪のメイキングの全体はこちらで公開中。
ぜひこちらもご覧ください。

【VRChat向け】指輪の作り方(まとめ)【3DCG】
BlenderとUnityを使った指輪の作り方をまとめました。 オリジナルのお砂糖指輪やアクセサリーを作りたい方はぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました