【Blender3.3】キャラモデルに人型ボーンを入れる方法

3DCG
スポンサーリンク

はじめに

今回はキャラクターにモデルにボーンを入れる方法を紹介します。
VRChatの自作アバターを想定してボーンを入れます。

人型ボーンの設定

キャラクターモデルがあるBlenderファイルを立ち上げ。

ボーンが無い状態のキャラクターモデルを用意します。

こちらのサイトよりボーンをDL。

VRChat向けヒューマノイドボーン(リネーム済み)|しぐにゃも|pixivFANBOX
VRChat向けのヒューマノイドボーン(リネーム済み)です。 フリー素材なのでこのボーンを読み込んでモデルの関節に位置を合わせて使ってください 詳細を解説した動画は現在制作中です ーーーーー 【注意点1】 フルボディトラッキングとアイトラッキングの文献を見ながら作りましたが、こちらにはフルボディトラッキ...

ボーンがあるBlenderファイルを開きます。

2つのBlenderファイルが開いた状態にします。

ボーンがあるファイルを開きます。
ボーンを選択 → Ctrl+Cでコピー。

Windows + TabキーでキャラモデルがあるBlenderファイルを選択。

Ctrl+Vでペーストします。
ビューポートオーバーレイ → ボーンにチェックを入れてペースト。

Tabキーで編集モード。
プロポーショナル編集 → 3Dカーソルを選択。
Sキーで拡大縮小を選択。

およその位置を合わせます。

画面右上のXマークを押します。
これでボーンを左右対称に編集できます。

ここから細かなボーンを調節します。
Tabキーで編集モード。
モデルの形に合わせてGキーやSキーでボーンを調整。

ボーンの角度はCtrl+Rで調節できます。

離れてるボーンがあれば子 → 親の順にShift+クリックで選択。
Ctrl+P → 接続で繋げます。

離したいボーンがあればそのボーンを選択。
ボーンプロパティ → 接続のチェックを解除。

左右対称の場合はもう片側のボーンを選択。
同様に接続のチェックを解除。
これで.L.Rのボーンの接続を外します。

この状態でボーンを動かすと離すことができます。
膝などの場合は離した方が自然になることがあります。

顎のボーンを入れます。

これはUnityに持って行った際にJawの所に前髪が誤認証されるのを回避するためのボーンです。
この後の処理で行うウエイトは何も設定しないでください。

これで人型ボーンの設定が完了です。

まとめ

今回は人型ボーンの設定方法を解説しました。

髪や服などのボーンを追加する方法はこちらで解説。
【Blender3.3】キャラモデルに髪や服のボーンを追加する方法

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました