VRChatアバターの実写合成

3DCG
スポンサーリンク

はじめに

今回はVRChatアバターの実写合成方法を解説します。

よくVRChat界隈のTwitterで見かけるこのような画像の作り方を今回紹介します。

仕組みの解説

VRChatアバターの実写合成はアップロードしたアバターをスマホアプリに読み込み行います。

ここではVismuthというアプリを使った実写合成の方法を紹介します。

事前準備

Vismuthを使うにはVRChatアバターをVRM形式に変換する必要があります。

こちらを見ながら変換を行ってください。

※シェーダーの関係上完璧な見た目の再現にはなりません。

スマホ側のVismuth設定

Vismuthというアプリをスマホに入れます。

そしてスマホアプリ側でアカウントを作成。

これで設定がスマホ側の設定が完了です。

PC側のVismuth設定

VismuthのWEBサイトにモデルをアップロードできるボタンはがあります。
現在、こちらでアップロードを試すと無限ローディングになります。

なのでVRoid Hubに一度アップロードしてVismuthに連携する形でモデルを読み込みます。

VRoid Hub
VRoid Hubは、3Dキャラクターのための投稿・共有プラットフォームです。モデルデータをアップロードするだけでキャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを作成でき、利用条件と共にモデルデータを配布することもできます。登録した3Dモデルは、VRoid Hubと連携した各種VR/ARプラットフォームや...

こちらよりVRoid Hubにアクセスしてログイン。
画面右上のキャラクターを登録を押します。

名前とVRMデータをトウロクしてアップロードを押します。

非公開で登録を押します。
自分で作ったモデル以外は必ず非公開で登録してください。

これでPC側の設定が完了です。

VRoidHubとVismuth連携

Vismuthを立ち上げ家のマークを押します。

カメラを終了の確認画面が出るので続行を押します。

右下の歯車マークを押します。

VRoid連携を押します。

VRoidアカウントを連携を選択します。

PixivにログインしてVRoid Hubのアカウントを連携させます。

ユーザー名が出ていれば成功です。

Vismuthの使い方

+キャラクターを追加を押します。

読み込んだモデルを選択し、キャラクターを配置を押します。

VRoid Hubでバストアップの画像を設定するとアイコンの所に自分のアバターが表示されます。

カメラを動かし地面を認識させて大きさを決めて配置します。

大きさや位置は後から位置調整で調節可能です。

次にポーズや表情や視線を設定します。

表情の所にはシェイプキーが表示されます。

セットアップで光の向きを設定します。

エフェクトでフィルターを設定します。

お好みの見た目になりましたら画面下の丸を押して撮影します。

これで実写合成が完了です。

まとめ

Vismuthというアプリを使ったVRChatアバターの実写合成の方法を紹介しました。

この記事を参考にリアルの世界にもアバターを持って行き、より充実したVR生活をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました