【VRChat】UnityプロジェクトをVCCに移行する方法

VR
スポンサーリンク

はじめに

今回はUnityデータをVCCに移行する方法を紹介します。
VCC導入前に、VRChatデータの作成経験がある事を前提に進めます。

VCCについて

VCC=VRChat Creator Companion。
一言で言うと「SDKの配布方式が変わります」

WEBサイトからVCCというソフトを経由して配布するようです。
なので、2022年内に対応させないと、SDKのアップデートなどができなくなります。

現状の注意点

⚠現在、様々な機能の非対応問題が起こってます。
なので、しばらく待ってからの方が良さそうです。

アバターのエラー

VRC Lensが壊れるようです。

他は確認できてませんが…
それ以外にも、特殊なツールを追加してる方は注意。

ワールドのエラー

ワールドはUdon#系が壊れて、エラーが出ます。

これの原因はVCC対応と共に行われたU#1.0の仕様変更。
対策は元のプログラムをU#1.0対応させる+入れ直す必要があります。

QvPenとiwasyncなどは対応版が公開されてますが…
まだのモノも多いので、もうしばらく待つことをおすすめします。

それでもVCC化を行うなら、バックアップを取って自己責任で。

VCCのダウンロード

こちらのページにアクセス。

Creator Companion | VRChat Creator Companion
What Is It?

Download It → https://vrchat.com/download/vccを選択。

指示に従ってインストールします。
すると、このような画面が立ち上がります。

これでVCCのダウンロードが完了です。

プロジェクトのバックアップ

Unity Hubを立ち上げ。
移行したいデータ右側の点3つを選択。

エクスプローラーを表示。

表示されたフォルダを好きな位置にコピーします。

今回は元のフォルダをバックアップとします。
これでバックアップの作成が完了です。

VCCにプロジェクト対応

VCCを立ち上げ。
Projects → Addを選択。

先ほどバックアップを取ったフォルダを選択。
消えてしまった場合は右上の「Add」を押します。

Projectsの所から表示されたフォルダを選択。

Migrateを選択。
これでVCC対応します。

真ん中のボタンを押します。
これは、バックアップあるので、そのままVCC対応してくださいの意。

Open Projectを選択。
これでUnityデータが立ち上がります。

連打すると2つ以上開けませんというエラーが出ます。

しばらく待つとUnityデータが立ち上がります。

これで、VCC対応が完了です。

ワールドのVCC対応

⚠重要、現在のワールドアップデートについて

ワールドは待った方が良さそうです。
Udone#関連の物を変換するとエラーが起こります。

しばらく公式の対応などを待ってください。

ワールドの対応方法

ワールドも同じ手順でVCC対応できます。
VCC対応したいプロジェクトをエクスプローラーで表示

任意の場所にコピーを取ります。

Project → AddからVCC対応させたいワールドのプロジェクトを選択。

ProjectsでVCC対応させたいデータを選択。

Migrateを選択。

真ん中のボタンを選択。

しばらく待ってOpen Projectで開きます。

ワールドが開くか確認。
これでワールドのVCC対応ができました。

まとめ

今回はUnityプロジェクトをVCCに移行する方法を紹介しました。

・VCCはVRChatのページからDL
・ファイルを複製してバックアップを取る
・Projects → AddよりVCC対応したいバックアップを開く
・MigrateでVCC対応
・ワールドはU#1.0対応が揃うまでしばらく待つ

という事を今回紹介しました。
また、他にもVRChat関連の情報をまとめてます。

ぜひ、こちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました