【Simply Wrap Pro】リボンの切れ目をループで繋げる

3DCG

はじめに

今回はSimply Wrap Proのリボンの切れ目をループで繋げる方法について解説します。
続編記事になりますので前回の記事はこちらをご覧ください。

面の向きの確認と修正

Tabキーで編集モードに入ります。

面を選択して面の向きを確認します。

ねじれてる場合は辺選択に切り替えねじれてる方の辺を選択。

プロポーショナル変形を有効にして回転などを使い向きを調整します。

向きが整いましたら面の向きの確認と修正が完了です。

切れ目をループで繋げる

辺選択で辺の切れ目を選択します。

Bridge Edge Loops Endngsを押します。
すると辺ループのブリッジで繋ぐことができます。

分割数などの項目を調節して自然に繋げます。

どうにもならない箇所は手動で辺を1つ1つ選択して回転などで調節します。

面を選択して面の向きの表示を直せばリボンのループ接続が完了です。

まとめ

元形状の分割の細リボンの切れ目をループで繋げる方法について解説しました。

次回の記事はこちらになります。

また全体のまとめはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました