【Unity】VRChatアバターを読み込む方法

3DCG
スポンサーリンク

はじめに

今回はVRChatアバターをUnityに読み込む方法を解説します。

Unityのインストール

Unityのインストールには2つの手順が必要です。

・Unity Hubのインストール
・バージョンを指定してUnityをインストール

この2つについて解説します。

Unity Hubのインストール

こちらのページにアクセス。

Download Unity!
Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...

Unity Hubをダウンロードをクリック。

.exeをクリックして普通にインストール。

これでUnity Hubのインストールが完了です。

Unity Hubのインストール

こちらのページで対応しているUnityのバージョンを確認。

Currently Supported Unity Version
This page lists the current Unity version you should use when creating content for VRChat, as well as links to the correct version for both Unity Hub and direct...

Google翻訳をかけると読めます。

現在のUnityバージョンのリンクをクリック。

Unity Hubをクリック。

Unity Hub を開く を押します。

全てのモジュールのチェックを外します。
INSTALLを押します。

これでUnityのインストールが完了です。

モジュールの追加

この操作は基本的には不要です。
もしモジュールが必要になった場合は3つの点をクリック。

モジュールを加えるを選択で追加してください。

Unityの立ち上げ

Unity Hubを立ち上げ。
プロジェクト → 新規作成を選択。

プロジェクト名を入れます。
保存先を決めます。
作成を押します。
※名前は後から変更できないので注意してください。

Unityが開かれます。

これでUnityの立ち上げが完了です。

SDKのインストール

SDKとはソフトウェア開発キットです。
VRChatのWEBページにアクセス。
IDとパスワードを入れてログイン。

Please Wait... | Cloudflare

左側のDownloadを選択。

Download SDK3 – Avatorsを選択。
.unitypackageをダウンロード。

DLした.unitypackageをProjectにドラッグ&ドロップ。

全てにチェックが入ってる事を確認。
Importを押します。

ProjectにVRCSDKというフォルダーが作成されます。

画面上部にVRChat SDKという項目が増えます。

これでSDKのインストールが完了です。

シェーダーのインストール

BOOTHで使いたいアバターのページにアクセス。
Ctrl+Fキーでシェーダーと検索。

すると使われてるシェーダーが記されてます。
※ほとんどの物はユニティちゃんトゥーンシェーダー(UTS2.0)です。

必要なシェーダ名を検索しDLページへアクセス。
UTS2.0の場合はこちらです。

ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0 - ダウンロード - UNITY-CHAN! OFFICIAL WEBSITE

Downloadを押します。
ここで.unitypackageを入手。

.unitypackageをProjectにドラッグ&ドロップ。

全てにチェックが入ってる事を確認。
Importを押します。

ProjectにToonという表示が出ていれば導入が完了です。

Dynamic Boneの導入or削除

⚠VRChatのPhysBoneアップデートで環境が変わりました。
現在はDynamic Boneが必要なものもありますが、いずれ無くなっていきます。
アバターのページを見てPB対応、PhysBone対応などが書かれていたらこの工程は飛ばしてください。

ーーーーー

VRChat向けのアバターはダイナミックボーンという揺れ物のボーンが設定されてます。
これをに対して下記2つのいずれかを行わないとエラーが出ます。

・購入して実装
・その機能を削除する

購入して実装

こちらのページよりDynamic Boneを購入。

Dynamic Bone | アニメーション ツール | Unity Asset Store
Use the Dynamic Bone tool from Will Hong on your next project. Find this & more animation tools on the Unity Asset Store.

Unityに戻りCtrl+9でAsset Storeを表示。
アイコンをクリック → My Assetsを選択。

DynamicBone横のImportを選択。

すべてにチェックが入ってる事を確認。
Importを押します。

DynamicB…という表示が出ます。

これでDynamicBoneの導入が完了です。

機能の削除

DynamicBoneを入れない場でアバターを読み込み。
すると処理が無いですよ(Missing)というエラーが将来的に起こります。
このMissingがある状態だとVRChatにアップロードできません。

こちらのツールを使ってMissignを取り除いてください。

Missing Remover - RiClothes Store - BOOTH
~~Missing Remover~~ ※ Unity 2019以上では、プロジェクトが実行されなくなりました、処理が完了すると自動的にウィンドウが閉じます Dynamic Boneを導入していない環境で、Dynamic Boneが設定されたアバターを導入するときに削除する必要があるエラーを吐いたスクリプトをすべて削除...

使い方の詳細はこちらで解説。

404 NOT FOUND | しぐにゃもブログ

これで機能の削除ができます。

アバター(3Dモデルの読み込み)

任意の方法でアバターを入手。
Boothの場合は購入 → 右上にある自分の名前 → 購入した商品を選択。

注文詳細画面へを選択。

ダウンロードを押します。

.zipを解凍。
.unitypackageを確認。

UnityのProjectにドラッグ&ドロップで読み込み。

Importを押します。
(チェックが外れてる=すでに読み込んだUTS2.0など。)

モデルのファイルが表示されます。

これで3Dモデルの読み込みが完了です。

読み込んだモデルの表示

モデルのファイルを開きます。
.Prefabのデータを探します。

Projectでデータを選択。
Inspectorで(Prefab Asset)と表示されていればそのデータです。

HierarchyにProjectのデータをドラッグ&ドロップ。

Hierarchyのモデルデータをダブルクリック。
Sceneで表示されて事を確認。

これで読み込んだモデルの表示が完了です。

まとめ

今回はUnityにVRChatアバターを読み込む方法を紹介しました。
モデルのアップロード方法はこちらで解説。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました