【VRChat】ピースサインの修正方法【ValveIndex】

VR

はじめに

今回はValveIndexでピースサインが正しく出ない問題の対処法を紹介します。
ValveIndexでピースサインをした際にピースのアニメーションを表示させる設定を行います。

この方法ではピースサインの際にValve Indexの指が動かなくなるので注意してください。

個人的にはピースサインはパイメニューの入力で設定することをおすすめします。
この方法だとValve Indexの指が動きます。

詳細はこちらで解説。

前提条件

下記の2つを使えることを前提に進めます。
・VRC Avator Descriptor
・Playable Layers

使い方はこちらをご覧ください。

この2つの記事を元に、Gestureに3-Test_Gesが設定された状態からスタートします。
VRC Avator Descriptorの設定についてはこちら
をご覧ください。

Gesture Layerの設定

Hierarchyでアバターを選択。

VRC Avatar Descriptor → Playable Layersを開きます。
Gestureに割り当てたコントローラーをクリック。

Projectで強調表示されたコントローラーをダブルクリック。

左手の設定

Animatorを開きます。
Left Handをクリック。

Peaceの箱をクリック。
Inspectorを確認。

Add Behaviourをクリック。
VRCAnimatorTrakingControlを選択。

Left FingersのAnimationにチェック。
これでIndexコンのトラッキングが無くなりました。
代わりに既存のピースサインアニメーションが再生されます。

VRCAnimatorTrakingControlは1つでも設定すると残りの全てに設定する必要があります。
干渉対策です。

まず、Idleの箱をクリック。
InspectorよりVRCAnimatorTrakingControlを追加。

Left FingersのTrackingにチェック。
これでIdle時はIndexコンの指の動きが反映されます。

残りのPeace以外の箱にも全て同じ設定を行います。

Fist~Thumbs upまで設定が終わりましたらLeft Handの設定が完了です。

右手の設定

続いて右手の設定を行います。
AnimatorのRight Handをクリック。

Peaceを選択 → Inspectorを確認。
VRCAnimatorTrakingControlを追加。
Right” FingersのAnimationにチェック。

Peace以外の全てに干渉対策を行います。

まず、Idleを選択。
InspectorよりVRCAnimatorTrakingControlを追加。

Right” FingersのTrackingにチェック。

これをFist~Thumbs upまで行います。

これでPeaceのハンドサイン以外の時はIndexコンのトラッキングが有効。
Peaceの入力の時だけ既存のピースサインのアニメーションが再生されるようになりました。

ハンドサイン処理の流れはこちらをご覧ください。
(ハンドサインの入力処理についてからスタート)

VRChatにアップロード。
これで手をピースの形にした際に正しいピースになります。
※親指をタッチセンサーに置くことを忘れないでください。

VRChat上でのGesturesの挙動

パイメニューを開きます。
Optionsを選択。

Gesturesを押します。
するとハンドサイン入力が無効になります。

ピースサイン中にGesturesを無効化。
するとピースサインのままになります。
※ハンドサイン
無効化され処理が上書きされないからです。

ピースサインをしていない時にGesturesを無効化。
するとピースサインができなくなります。

以上がVRChat上でのGesturesの挙動です。

まとめ

今回はGesture Layerを使ったピースサインの設定方法を紹介しました。
ハンドサインを使って表情を変える方法はこちらで解説。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました