【VRChat】パイメニューでピースサインを出す方法(Gesture)

VR

はじめに

今回はパイメニューを使ってピースサインを出す方法を紹介します。
Gesture Layerを使います。

※紹介する内容を応用すれば下記のような事が可能です。
 ・ピース以外で手の形を作り再生する
 ・左右別々のボタンで制御

データ配布(追記)

ピースサインのデータを作成して無償配布しました。
こちらよりダウンロードできます。

BOOTH | お探しの商品が見つかりませんでした… (404)

Bonus_Dataに最低限の設定項目を入れてます。

Avatar3.0が設定されてない場合、これを下図のように差し替えれば動作します。

ピースは右左で別れた状態です。

Avatar3.0が既に設定されてた方、Avatar3.0の使い方を学びたい方は続きを見ながら自力で設定してください。

前提条件

下記の3つを使えることを前提に進めます。
・VRC Avator Descriptor
・Playable Layers
・パイメニュー(Expressions Menu)

使い方はこちらをご覧ください。

下記のようなVRC Avator Descriptorとパイメニューが設定された状態で始めます。
VRC Avator Descriptorの
設定こちら

パイメニューの作り方はこちら

Toggleに形が変わってます(この記事内で解説)

これから作る物について

パイメニューからアニメーションを再生する機構を作ります。

・赤色=ラジアルメニューの表示
・緑と黄色=ラジアルメニューをアバターと同期
・オレンジ=入力をパラメーターに変換
・水色=Animatorによる入力受け皿
・白色=パラメーターによる挙動設定(条件分岐)
・藤色=アニメーションの再生

文字潰れ対策、画像拡大用Twitter。

これで手の動きを制御できます。

VRC Avator Descriptorとパイメニューが設定された状態から始めるのでこの部分だけを作ります。

パラメーターの設定

Hierarchyでアバターを選択。

Inspectorを確認。
Parametersの中のデータをクリック。

Projectでアバターに割り当てたExpression Parameterを選択。

Inspectorを確認。
Addでパラメーターを追加。

名前をGes_Peace変更。
TypeをBoolに変更。DefaultとSavedのチェックを解除。

Hierarchyでアバターを選択。

Inspectorを確認。
Menuの中のデータをクリック。

Projectでアバターに割り当てたExpression Menuを選択。

パイメニューの記事で設定したGestureを開きます。
TypeをToggleに変更。

ParameterをGes_Peace, Boolに変更。

これでメニューとパラメーターがつながりました。

Gesture Layerの設定

Hierarchyでアバターを選択。

VRC Avatar Descriptor → Playable Layersを開きます。
Gestureに割り当てたコントローラーをクリック。

Projectで強調表示されたコントローラ―をダブルクリック。

Animatorを開きます。
VRChat公式が設定したハンドサインの設定があります。

画面左上のParametersをクリック。

右上の+ボタンを押します。
Boolを選択。

名前をGex_Peaceに変更。

ここの名前はパラメーターの名前と同じにする必要があります。

Layersをクリック。
表示を元に戻します。

これでパラメーター~コントローラーまで接続できました。

Gesture Layerの設定が完了です。

ピースサインアニメーションの作成

私が幽狐さん向けに作成したピースサインでよければこちらよりDL。

BOOTH | お探しの商品が見つかりませんでした… (404)

DLした方は『ピースアニメーションの設定』まで読み飛ばしてください。
自作したい方は下記の手順で自作してください。

ーーーーー

Peaceの箱を選択。
Motionの中のアニメーションをクリック。
ピースサインの修正方法の内容を行った後なのでInspectorの表示が若干異なります。

Projectで強調表示されたアニメーションを確認。
クリックで選択。

Ctrl+Dで複製。
名前に~~ 1が付いたことを確認。

複製したアニメーションを分かりやすい位置に移動。

Inspectorを確認。
名前の書かれた所のバーを選択。
すると現状のピースサインが確認できます。

Hierarchyよりアバターのデータをドラッグ&ドロップ。
これで見やすくなります。

Animationを開きます。

Left HandのIndexとMiddleの4つのフレームを操作して指の形を変えます。

反対の手にも複製するので覚えやすい数字にします。

これでLeftのピースサインが完成です。

Animationを下にスクロール。
RightのIndexとMiddleの4つのキーフレームを調整。

Leftと同じ数値を割り当てます。

これでRightのピースサインが完成です。

暗い部分のキーフレームを選択。
全選択状態でCtrl+C。

フレームを1つずらしてCtrl+Vでペースト。

Inspectorに戻りLoop Timeにチェック。

これでピースサインアニメーション作成が完了です。

ピースアニメーションの設定

Hierarchyでアバターを選択。

VRC Avatar Descriptor → Playable Layersを開きます。
Gestureに割り当てたコントローラーをクリック。

Projectで強調表示されたコントローラ―をダブルクリック。

Left Handを開きます。
制作したピースサインのアニメーションをドラッグ&ドロップ。

Any Stateを右クリック。
Male Transitionを選択。

ピースサインのアニメーションを2回クリック。
線をつなぎ、選択した状態にします。

Inspectorを確認。
Write Defaultsのチェックを解除。

Add Behaviourを選択。
VRCAnimatorTrakingControlを選択。

Left FingersのAnimationにチェック。

ピースサインのアニメーションに繋いだ線を選択。
Inspectorを確認。

Has Exit Timeのチェックを解除。

右下の+ボタンを押します。

Ges_Peace / tureを設定。
これでボタンの入力でアニメーションが再生されるようになりました。

しかし、この状態だとピースサイン以外の推移でエラーが起こります。
なので干渉対策を行う必要があります。

干渉対策

まずIdleに伸びる線を選択。
Inspectorを確認。

右下の+ボタンを押します。

Ges_Peace / falseを設定。

これを残りの線全てに行ってください。

次にIdle~Thumbs upの全てのボックスの干渉対策を行います。
まず、Idleのボックスを選択。
Add Behaviour → VRC Animataor Tracking Controlを追加
Left FingersのTrackingにチェック。

これをIdle~Thumbs upの全てのボックスで行います。

以上で干渉対策が完了です。

Right Handの設定

Right Handを開きます。
作成したアニメーションをドラッグ&ドロップ。

Ani Stateを右クリック → Male Transitionで線を繋ぎます。
そして、ピースサインのアニメーションを選択。

Inspectorを確認。
Write Defaultのチェックを解除。
VRC Animator Tracking Controlを追加。
“Right Finger”のAnimationにチェック。

干渉対策を行います。
残りのIdle~Thumbs upボックスにVRC Animator Tracking Controlを追加。
“Right Finger”のTrackingにチェック。

ピースサインに伸びる線を選択。
InspectorとりHas Exit Timeのチェックを解除。
Conditionsで『Ges_Peace / ture』を追加

干渉対策を行います。
Idle~Thumbs upの線を全てに『Ges_Peace / false』を追加。
※追加処理は線を1つ1つ選択して行ってください。

これでToggleで手の動きのアニメーションを制御できるようになりました。

この状態でVRChatにアップロード。
するとピースサインができます。

トラッキングもピースサインの時だけ無効になってます。

これでボタンでのピースサイン設定が完了です。

左右でピースサインを分けたい時の対処法

メニューでToggleをLとR分作成。
パラメーターをLとR分作成。
コントローラーのパラメータもLとR分作成。
そして条件分岐でToggleのRとLを使い分ければ設定できます。

配線はこのようになります。

文字潰れ対策Twitter。

これでLとRが分かれた処理ができます。

まとめ

今回はパイメニューのToggle入力でピースサインを出す方法を紹介しました。
他にもAvatar3.0の使い方についてこちらで解説してます。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました