【VRChat】アバターに呼吸を追加する方法(Additive)

VR

はじめに

今回は呼吸の実装を通してVRChatアバターのPlayable Layers『Additive』使い方を解説します。
この記事を見る事でAdditive LayerRadial Puppetでの%入力の方法が学べます。

下記の3つを使えることを前提に進めます。
・VRC Avator Descriptor
・Playable Layers
・パイメニュー(Expressions Menu)

使い方はこちらをご覧ください。

下記のようなVRC Avator Descriptorとパイメニューが設定された状態で始めます。
VRC Avator Descriptorの
設定こちら

パイメニューの作り方はこちら

これから作る物について

ラジアルメニューからアニメーションを再生する機構を作ります。

・赤色=ラジアルメニューの表示
・緑と黄色=ラジアルメニューをアバターと同期
・オレンジ=入力をパラメーターに変換
・水色=Animatorによる入力受け皿
・白色=パラメーターによる挙動設定(条件分岐)
・藤色=アニメーションの再生

文字潰れ対策、画像拡大用Twitter。

これで円盤の表示で%を入力。
再生速度に変更を加えたアニメーションが再生できます。

VRC Avator Descriptorとパイメニューが設定された状態から始めるのでこの部分だけを作ります。

パラメーターの設定

Hierarchyでアバターを選択。

Inspectorを確認。
Parametersの中のデータをクリック。

Projectでアバターに割り当てたExpression Parameterを選択。

Inspectorを確認。
Addでパラメーターを追加。

名前をAd_Breathに変更。
※ここの名前
後々重要になります。

TypeをFloatに変更。

Hierarchyでアバターを選択。

Inspectorを確認。
Menuの中のデータをクリック。

Projectでアバターに割り当てたExpression Menuを選択。

パイメニューの記事で設定したAdditiveのコントロールを開きます。
TypeをRadial Puppetに変更。

Paramater RotationでAd_Breath,Floatを選択。

メニューとパラメーターがつながりました。

これでパラメーターの設定が完了です。

Additive Layerの設定

Hierarchyでアバターを選択。

VRC Avatar Descriptor → Playable Layersを開きます。
Additiveに割り当てたコントローラーをクリック。

Projectで強調表示されたコントローラ―をダブルクリック。

Animatorを開きます。
Layers上で+ボタンを押します。

名前をAd_Breathなどの分かりやすい名前に変更。

右上の歯車ボタンを押します。

Weightを1に変更。

Parametersを押します。

右上の+ボタンを押します。

Floatを選択。

名前をAd_Breathに変更

ここの名前はパラメーターの名前と同じにする必要があります。

これでパラメーターをレイヤーに接続+レイヤーに割り当てたコントローラーに接続できました。

Additive Layerの設定が完了です。

呼吸アニメーションの用意

こちらより呼吸アニメーションをDL。

BOOTH | お探しの商品が見つかりませんでした… (404)

Test_Exなどの任意の場所に保存。

作り方はこちらで解説。

以上で呼吸アニメの用意が完了です。

呼吸アニメーション設定

Hierarchyでアバターを選択。

VRC Avatar Descriptor → Playable Layersを開きます。
Additiveに割り当てたコントローラーをクリック。

Additive Layerに割り当てたコントローラーをダブルクリック。

Animatorを見ます。
LayersがAd_Breathなのを確認。
右側のグリッドがある所にアニメーションデータをドラッグ&ドロップ。

出て来たオレンジをクリック
Inspectorを確認。

Speed → Multiplier横のParameterにチェック。

▼をクリック。
Ad_Breathに変更。

これでパラメータ―の処理が再生速度に影響を与えるようになりました。
Multiplier=かけ算

Speedを5に変更。

Speed×VRChatからの%入力=呼吸スピードになります。

20%は×0.20で再生スピードが計算できます。

すると下記のようになります。
・100%の時は5倍速。
・40%の時は2倍速。
・20%の時は1倍速。
・0%の時はオフ。

これでパイメニューの入力で速度を変えてアニメーションを再生するパーツが完成です。

VRChatにアップロード。
呼吸アニメーションの実装が完了です。

Projectでアバターに割り当てたExpression Parameterを選択。

Ad_BreathのDefaultを0.20

これで最初から20%=1倍速の速度で再生されるようになりました。
以上で呼吸アニメーションの追加が完了です。

まとめ

今回はAdditive Layerを使ってアバターに呼吸を追加する方法を紹介しました。
他にも表情の追加やエモートの追加について解説しています。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました