【Simply Wrap Pro】素材が謎の方向に行く時の対処法

3DCG

はじめに

今回はSimply Wrap Proのアセット素材がエラーで明後日の方向に行った時の対処法を解説します。
続編記事になりますので前回の記事はこちらをご覧ください。

明後日の方向に行く時の対処法

たまにエラーでこのように素材が明後日の方向に行くことがあります。

モディファイアプロパティを選択します。

上2つのモディファイアを×ボダンで削除します。

ArrayとカーブをCtrl+Aで適用します。

Z→4キーでワイヤーフレーム表示にして必要な箇所のチェーンを選択します。

Ctrl+Iキーで選択範囲を反転。
Xキーで頂点を削除。

Lキーでさらに不要なパーツを選択。

最後にLキーで切れ目のチェーンを選択して手動で微調整。
これでパーツが伸びたエラーの修正が完了です。

まとめ

アセット素材の修正方法について解説しました。

次回の記事はこちらになります。

【Simply Wrap Pro】VRChat向けモデルの作り方
Blender3.1/形状にリボンを巻き付ける有料アドオンを使ったVRC向けモデルの作例を紹介。 この記事を見る事でSimply Wrap Proを実際の製作に役立てるヒントが得られます。 アドオンを買ったけど使い方にお悩みの方はぜひご覧ください。

また全体のまとめはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました