【AIでキャラ生成】Waifu Diffusionの導入~使い方

スポンサーリンク

はじめに

まず簡単行えるが、生成内容に制限があるGoogle Colaboratoryでの動かし方。
次にNMKD Stable Diffusion GUIを使ったローカルで動かす方法。

⚠Waifu Diffusion引用元の注意

Waifu Diffusionは学習元に「Danbooru」を使ってるようです。
これが絵の無断転載サイトで海外で炎上したもののようです。

法的な死亡率は低そうですが、社会的な死亡率がやや高いです。
燃えたくない人や立場がある人の場合は使用の弁明を避けるか「trinart_stable_diffusion_v2」を使う事をおすすめします。

ただ、Waifu Diffusionが現状一番、顔が安定するんですよね…。

詳細は「追記:引用元の注意点」の所で解説してます。

Google Colaboratoryで動かす

こちらのページにアクセス。

hakurei/waifu-diffusion · Hugging Face
We’re on a journey to advance and democratize artificial intelligence through open source and open science.

Open in Colabを選択。

画面右上の下矢印を選択。

ファイル → ドライブにコピーを保存。

上から再生ボタンを押して実行。

チェックマークが出たら次に進みます。

下の再生ボタンも押して実行。

下にスクロールするとこのような画面が出てきます。

ここに英語で生成したいワードを入れます。

すると生成されます。
気に入ったものができたら右クリックで保存。

ワード作成

Waifu Diffusionは学習元に「Danbooru」を使ってます。
※R-18系絵が出たり、無断転載でグレーなサイトのため、リンクは載せてません。検索しましょう。

アクセスしてTagsを見るとタグが出てきます。
ポイントは”_”で区切られたワード。

これはWaifu Diffusionでしか使えないテクニックになります。

Tagsの中にあるHelpを押します。

日本語に翻訳。

すると、Danbooruのタグの法則について確認できます。

◆5種類のタグ
・アーティスト:投稿の制作者(原画の制作者ではない)
・キャラクター:LastName_FirstNameの法則で記載
・著作権:版権、関連があるアニメ、漫画、ゲーム、小説など
・ジェネラル:その他の多くの全て、(メガネ、服装など)
・メタ:画像の内容以外の事(おそらくDanbooruのシステム的なモノ)

◆注意点
・かわいい、セクシーなどの主観的なタグを使用しない。
・絵以外の知識から得られるタグを使用しない。

初心者は、Danbooruにアクセス。
気に入った絵にマウスを乗せる。
ここで表示されるタグをコピーする方法がおすすめ。

これでワードの生成が完了です。

生成されにくいものについて

特徴を指定した複数のキャラクターは生成されにくいです。
2回以上の生成結果を自分でコラージュする形になります。

特殊なイラストはタグ設定しても生成されにくいです。
・img2imgなどでラフ画を指定して生成する。
・複数の生成物を自分でコラージュすることになります。

NSWFフィルターについて

先ほど「Danbooru」で得たワードをコピーして実行します。

すると、黒くなります。
NSFW、つまりエッチなのでアウトという意味です。

…しかし、Googleのエッチ判定はかなりシビアです。
このブログですらエッチと判定されます。

正直、エッチ目的でなくてもNSFWフィルター強すぎてまともに使えません。
このNSFWの壁を超えるには「NMKD Stable Diffusion GUI」が必要になります。

導入はこちらから。

NMKD Stable Diffusion GUI - AI Image Generator by N00MKRAD
Generate AI images on your own GPU for free

詳しい使い方はこちらで解説。

Waifu DiffusionのModelはこちらにアクセス。

hakurei/waifu-diffusion · Hugging Face
We’re on a journey to advance and democratize artificial intelligence through open source and open science.

下にあるOriginal PyTorch Model Download Linkを選択すると得れます。
7Gぐらいあるので注意。

GUI版での生成

モデルをWaifu Diffusionに変更します。

「Danbooru」のタグをそのままコピーして実行します。
生成枚数は20枚ぐらいで試します。

…するとSSR排出律1/30ぐらいで生成ガチャが始まります。
気に入った子ができましたら完成です。

以上がWaifu Diffusionの導入~使い方になります。

追記:引用元の注意点

Waifu Diffusionは学習元に「Danbooru」を使ってるようです。
これが… 著作権的にかなり問題がある無断転載サイトです><

趣味で使う分には良いかもしれませんが…立場のある人は避けた方が良いです。

AIの著作物利用について

現在の法律では「学習のための著作物の使用はOK」とされてます。
なので、使用自体はOKです。

Danbooruが問題になる理由

Danbooruは絵の無断転載サイト。
3タグ以上の検索で課金というビジネスモデル。

AIでの著作物利用はOKですが、Waifu Diffusionを使うとその引用先。
つまり、Danbooruのようなサイトを容認してるという意思表示とみなされる可能性があります。

これが、立場のある人の場合、炎上するリスクになります。

私の考え

まず、この問題後から知りました。ごめんなさい。
英語のサイトなのでよくわかって無かったです。

個人的にはこのようなサイトはあまり好きでは無いですが…
無断転載とアウトと言われると…グーグルの画像検索も著作権的に問題あるよね、が始まります。
そして、日本では昔、検索エンジンの技術がありながら、著作権の問題で規制しGoogleに負けました。

日本ではドローンやウーバータクシーでもやらかしてますね。
過度な規制や保護は、悪い形では技術の発展を阻害し、衰退につながる可能性があると私は考えます。

そして、著作権自体シビアにやっていくと二次創作、本引用Youtuber、DJ文化など他にも火種はいっぱいあります。

なので、ブログの私は黙認という形でこの記事を残します。
が、燃えたくない人や立場がある人の場合は「trinart_stable_diffusion_v2」を使う事をおすすめします。

Youtubeの私はきっと「trinart_stable_diffusion_v2」を紹介するでしょう…( ˘ω˘ )
ただ、まだ少し性能が弱いので他のDiffusionシリーズを様子見した方が良さそうです。

おまけ:Concept機能

Conceptを使うと、画風を大きく変えることができます。
これでを使って「色々調整した人工知能」と紹介すると、Model特有のらしらが消えて、元が何なのか特定できず、燃えにくいかもしれません。

まとめ

今回はWaifu Diffusionの導入~使い方までを紹介しました。
・Google Colaboratoryで動くがエッチフィルター強すぎて使い物にならない
・GUI版を導入して、ローカルで動かすのがおすすめ
・Danbooruがタグの参照元
・Danboruのタグ作法、_を入れるなどを使う
・初心者はDanbooruで気に入った絵のタグを使うのがおすすめ

また、Kritaでの補正方法。

Stable Diffusionの基礎や生成ワードのコツ、Colaboratoryで動かす方法はこちらで解説。

ぜひ、こちらもご覧ください。

コメント

  1. test より:

    Waifu DIffusion のモデルのリンク合ってますでしょうか。
    探しても見つからず…。以下のサイトがそれっぽいです。

    https://huggingface.co/hakurei/waifu-diffusion

    • しぐにゃも しぐにゃも より:

      間違えてColaboratoryのリンク張ってました。
      修正しました。ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました