【Unity】裏面が見えない時の対処法/背面カリング【VRChat】

3DCG

はじめに

今回はUnityで裏面が見えない時の対処法を紹介します。

面の向きの確認と修正方法についてはこちらをご覧ください。

原因

これは裏面が表示されない背面カリングという処理によって起こります。
この赤くなってる部分が面が裏返った箇所です。

背面カリングがONだとこの赤い部分が表示されません。
このように裏の面が表示されます。

動画だと表示がおかしい事が分かりやすいです。

対処法1:面の向きを揃える

まず面の向きを揃えます。
これでほとんどの所は治ります。

ですが厚みが無い面はどちらか一方が必ず裏面になります。

この場合そこだけ表示されないという事が起こります。

これの対処法は2つです。
・厚みを付ける。
・背面カリングをオフに出来るシェーダーを使う。
この2つについて紹介します。

対処法2:厚みを付ける

メリット:どのシェーダーでも対応できる事です。
デメリット:ポリゴン数が増える事。突き抜けの問題が発生する事。

BlenderでTabキーで編集モード。
Lキーで厚みが無いメッシュを選択。
Pキーで分離。

Tabキーでオプジェクトモード。
分離した形状を選択。

モディファイアプロパティを選択。
モディファイアを追加を選択。

ソリッド化を選択。

Ctrl+Aで適用。

分かれた2つのオプジェクトを選択。
Ctrl+Jで結合。

これで厚みが作られ裏面の面が無くなりました。

対処法3:背面カリングを無効にできるシェーダーを使う

メリット:ポリゴン数が増えない事。
デメリット:使われるシェーダーが限定される事。

UTS2.0等の背面カリングに対応したシェーダーをDLして読み込み。

ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0 - ダウンロード - UNITY-CHAN! OFFICIAL WEBSITE

モデルに使われるマテリアルを選択。

Inspectorのshaderを選択。

UnityChanToonShader → Mobile → Toon_DoubleShadeWithFeather_TransClipping_StencilMaskを選択。 

Basic Shader Settingsを開きます。
Culling Mode → Culling Offを選択。

これで裏側が表示されます。

影などを設定。
するとこのようになります。

以上で裏面が見えない時の対処法が完了です。

まとめ

今回は裏面が見えない時の対処法しました。
他にもVRChat向けのエラーの対処法をまとめた記事もあります。

また、初めてモデルを作る方向けに指輪の制作方法を解説した記事を載せてます。

ぜひ、こちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました