【VRChat】表情アニメーションの新規制作

3DCG

はじめに

今回はUnityを使って新しく表情アニメーションを作る方法を紹介します。
VRChat向けのシェイプキーを使ったアニメーションを作ります。

前提条件

Unity上にアバターが読み込まれた状態でスタートします。

読み込み方はこちらをご覧ください。

アニメーション作成

Projectを右クリック。
Create → Animationを選択。

名前をNew_Animなどに変更。

アニメーションデータを選択。

Loop Timeにチェックを入れます。

これでアニメーションデータの作成が完了です。

表情アニメーション作成

再生ボタンを押してPlayモード。

Projectでアニメーションデータをクリックして選択。

Hierarchyの3Dモデルにアニメーションをドラッグ&ドロップ。

3Dモデルの階層を開きます。
顔のメッシュを選択。

Inspectorを見ます。
BlendShapesを開きます。

Animationを開きます。
時間が0:00な事を確認。(白色の縦棒)

出てない方はWindow → Windows → Animationより表示。

左上の赤丸ボタンを押します。

BlendShapesを動かして表情を作ります。
表情がキーフレームとして記録されます。

グレーの所でキーフレームを選択。
すると全てのキーフレームを一度に選択できます。
Ctrl+Cでコピー。

時間軸を1フレームだけ動かします。
Ctrl+Vでペースト。

干渉の防止

このままだと複数のシェイプキーが干渉していしまいます。
シェイプキーの記録が無い所が混ざるからです。
なので既存のモデルの表情のキーフレームを移植します。

アバターのファイルを開きます。
初期状態の表情のアニメーションを探します。(幽狐さんの場合はDefaultFace。)
ダブルクリックで選択。

※無い場合は他の表情を選択してパラメーターをすべて調整
もしくは全ての表情関係のシェイプキーを手打ちで記録。

アニメーションを開きます。
灰色の所で既存の表情キーを全選択。
Ctrl+Cでコピー。

Projectで作成した方のアニメーションをダブルクリック。

0:00にCtrl+Vでペースト。
これで0:00が既存の初期状態表情になりました。

※初期状態が無かった場合はここで全てのシェイプキーパラメーターを調整。

0:01のフレームを全選択。
Ctrl+Cでコピー。

0:00に移動。
Ctrl+Vでペースト。
これで初期状態の表情が上書きされました。

0:00のフレームを全選択。
Ctrl+Cでコピー。

0:01フレームに移動。
Ctrl+Vでペースト。
これで干渉対策が完了です。

コントローラーの削除

再生ボタンを押してPlayモードを解除。

製法上の関係で出来たコントローラーを選択。

Deleteキーで削除。

これで表情アニメーションの作成が完了です。

表情アニメーションの再生

再生ボタンを押してPlayモード。

3Dモデルにアニメーションデータをドラッグ&ドロップ。
これで表情アニメーションが確認できます。

再生ボタンを押してPlayモード解除。

製法上できたコントローラーを選択。

Deleteキーで削除。

これでアニメーションの再生が完了です。

表情アニメーションの実装

こちらの方法を使って表情アニメーションを実装。

【VRChat】パイメニューで複数の表情を設定する方法(FX)
表情固定メニューテンプレートを使ってFxレイヤーに56個の表情アニメーションを設定する方法を解説。 これを使う事でパイメニューから複数の表情を再生できるようになります。

するとVRChatに表情アニメーションを実装できます。

まとめ

今回は新規で表情アニメーションを作成する方法を紹介しました。
またシェイプキーを1から追加して実装する方法はこちらで解説。

ぜひこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました